ニュース

LVMH傘下の時計「ゼニス」が7月4日に銀座旗艦店を移転オープン

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)傘下の1865年創業のスイスの時計ブランド「ゼニス(ZENITH)」は、東京・銀座中央通りの「ゼニス ブティック銀座」を銀座並木通りに移転して7月4日にリニューアルオープンする。新住所は、同じくLVMH傘下の時計「ウブロ」の銀座店があった場所。ブティック奥にはVIPルームを設け、今秋のグランドオープンに合わせて日本限定モデルを先行発売する予定だ。

 総面積約78平方メートルの店内は、“クロノマスター”や“デファイ”をはじめとする最新モデルや限定品を並べる“コレクション・スペース”と、「ゼニス」の歴史や時計作りを紹介する“ストーリー・バー”からなり、「ブランドカラーであるネイビーとグレーで彩り、ブランドロゴにも描かれる“ゼニススター”と星空も表現する」(プレス担当者)という。

■ゼニス ブティック銀座
オープン日:7月4日
時間:月~土曜日 11:30~20:00 / 日曜日 10:30~19:00(当面は毎日11:00~19:00)
定休日:第2水曜日
住所:東京都中央区銀座6-7-16