ファッション

菅付雅信連載「不易と流行のあいだ」vol.3 コロナルックという一過性の楽しみ(前編)

有料会員限定記事

 ファッションという「今」にのみフォーカスする産業を歴史の文脈で捉え直す新連載。3回目はコロナ禍における装いの美学を考える。(編集協力:片山マテウス、この記事はWWDジャパン2020年6月1日号からの抜粋です)

 コロナ禍で家が仕事場になってしまった。私たちはいまやメールやZoom会議に忙しい「ひきこもり」だ。さて、そんなテック「ひきこもり」を余儀なくされている中、どんな装いをすればいいのか。仕事着なのか、オフの装いなのか、よそ行きか室内着か、誰もが迷うところだろう。

 コロナ禍でテレビの視聴時間が増加し、最も視聴率を伸ばした番組のひとつ、テレビ朝日系「羽鳥慎一/モーニングショー」で歯に衣着せぬ物言いで知られるジャーナリスト、玉川徹が4月13日の放送で自宅からリモート出演した際、上半身はシャツにネクタイだが、下半身はパジャマを着ていたことが話題になった。同番組に出演する、いまやコロナ・タレントとなった感染免疫学者の岡田晴恵が「玉川さんのパジャマを見たくなかった」と苦言を呈して笑いを誘った。

この続きを読むには…
残り1323⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。