ビジネス

名門ニーマン・マーカスが破綻 知っておきたい7つのこと

有料会員限定記事

 米百貨店ニーマン・マーカスやバーグドルフ・グッドマンを運営するニーマン・マーカス グループ(以下、NMG)が経営破綻した。アパレルブランドや小売店の大半は新型コロナウイルスの影響で休業を余儀なくされ、業績が急激に悪化しているが、創業113年の老舗高級百貨店の破綻は米国内外に大きなショックを与えた。NMGが破産を申請するに至った経緯や、今後の展望について一問一答形式で解説する。(この記事はWWDジャパン2020年5月18日号からの抜粋です)

1.NMGはいつ破産を申請した?

 同社は5月7日に、本拠地であるテキサス州の破産裁判所に日本の民事再生法に当たる米連邦破産法第11条の適用を申請した。その際、同社は債権者の過半数との合意のもとで6億7500万ドル(約715億円)のDIP融資(倒産手続きに入っている企業に対するつなぎ融資)を確保している。

この続きを読むには…
残り2919⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら