ファッション

「キーン」が自社工場でマスクを製造 15万枚を被災地や児童養護施設、シューズ購入者に提供

 米国のフットウエアブランド「キーン(KEEN)」は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスクの需要拡大を受け、タイの自社工場でマスクの製造を開始した。全世界で15万枚を無償提供する。

 マスクの素材には、シューズの材料として調達していた生地を活用する。シューズ製造を行う「キーン」ならではの縫製を生かした立体マスクはフィット感が高く、リバーシブル仕様で洗って繰り返し使用できる。日本国内では被災地や児童養護施設、キーン関連企業、サプライチェーンで働く人などに提供する。

 また4月28日からは、「キーン」公式オンラインストアでシューズを購入した人にもマスクを届ける。提供は予定枚数に達し次第終了する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら