ファッション

「キーン」が自社工場でマスクを製造 15万枚を被災地や児童養護施設、シューズ購入者に提供

 米国のフットウエアブランド「キーン(KEEN)」は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスクの需要拡大を受け、タイの自社工場でマスクの製造を開始した。全世界で15万枚を無償提供する。

 マスクの素材には、シューズの材料として調達していた生地を活用する。シューズ製造を行う「キーン」ならではの縫製を生かした立体マスクはフィット感が高く、リバーシブル仕様で洗って繰り返し使用できる。日本国内では被災地や児童養護施設、キーン関連企業、サプライチェーンで働く人などに提供する。

 また4月28日からは、「キーン」公式オンラインストアでシューズを購入した人にもマスクを届ける。提供は予定枚数に達し次第終了する。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら