ニュース

「ミュウミュウ」がバーチャルアイドル起用し、中国「Tモール」にデビュー

 「ミュウミュウ(MIU MIU)」は3月23日、中国最大のBtoCプラットフォーム「Tモール(天猫国際)」での販売を開始した。この10日前には、「プラダ(PRADA)」が同ECモールで販売を始めている。

 どちらのブランドも新たなバーチャルアイドル、エイミー(Aimee)とコラボする。エイミーは現実に近いスタイルをしていて、“豪華でトレンディ”であるとされている。

 共同最高経営責任夫妻ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)とパトリツィオ・ベルテッリ(Patrizio Bertelli)の息子で、プラダ マーケティングおよびデジタルコミュニケーション部門ヘッドのロレンツォ・ベルテッリ(Lorenzo Bertelli)は、「エイミーは『プラダ』や『ミュウミュウ』のZ世代へのリーチや顧客の購買体験向上の促進に貢献するだろう」と語る。ショートフィルムや双方向HTML5ゲーム、ファッションブログなどを通じて若い世代に働きかけることを狙う。

 また「Tモール」とのパートナーシップにより、「顧客への幅広い商品と多彩なオンラインサービスの提供を目指す」と語った。2017年に家業に参加して以来、ロレンツォは世界最大の高級品市場である中国における両ブランドのデジタル化を推し進めている。

 一方でプラダ グループ(PRADA GROUP)はイタリアでの新型コロナ感染拡大防止の闘いに関わっていく意向を示している。3月16日には、プラダのミウッチャとパトリツィオ・ベルテッリ、およびカルロ・マッツィ(Carlo Mazzi)会長が6つの病院の集中治療室に寄付を行っている。また、同社はイタリアにある工場で8万着の医療用防護服と11万枚のマスクを生産し、医療関係者に供給することでトスカーナでの需要に対応する。同工場は防護服やマスク生産のためだけに稼働され、4月6日までは複数の外部供給者の支援を受けながら医療用品を毎日配送する予定だという。