ファッション

メリアが累計1億1600万円の資金調達を実施 デリケートゾーンスキンケア「アイム ラフロリア」などフェムテック関連取扱

 デリケートゾーン用スキンケアアイテム「アイム ラフロリア(I’M LA FLORIA)」などフェムテック関連アイテムを手掛け、美容雑貨や衣料品、サプリメントなどの企画・輸入・販売、プロデュースなどを行うメリア(Mellia、東京・中央区)は、家入一真氏が代表を務めるNOWが運営するファンドや、6人の投資家から資金調達を実施した。今回と2019年6月にポーラ・オルビスホールディングスからの資金調達を合わせた累計調達額は1億1600万円となる。

 本ラウンドでは、NOWのほか6人の個人投資家が資本参画した。今回の調達資金により、人員強化や、これまでの強みであるリアルマーケティングに加えEC事業を加速。D2Cとリアルのシナジーの創出によるデリケートゾーンケアマーケットの開拓と、デリケートゾーンケアが女性の間で当たり前の習慣になるような発信にも力を入れることで、今後の事業成長につなげる。

 NOWの家入代表は、「(メリアは)非常にパワフルで優秀な女性経営チーム。初めて会った瞬間に圧倒的なパワーを感じた。メリアが世界中の人から愛されるブランドとして輝く日がとても楽しだ。NOWもメリアの今後の成長を全力で応援していく」とコメントした。

 Melliaは、17年5月に、徳島出身の幼なじみの2人の女性、原由記と和田由紀が設立。女性の凜とした自信と自分らしい美しさを引き出すようなプロダクトの開発を手がけ、18年9月から「アイム ラフロリア」を販売している。東京ミッドタウンのイセタン サローネをはじめ、エストネーション六本木ヒルズ店、銀座店、大阪店、ハンキュウ ビューティ スタジオなどで取扱う。