ビューティ

「アナ スイ」のスキンケアが17年ぶりに復活 世界同時発売へ

 アルビオンは、「アナ スイ コスメティックス(ANNA SUI COSMETICS)」のスキンケアを17年ぶりに復活させる。ブランド誕生の翌年に発売した当時のボトルや中身を再現した化粧水やクレンジング、洗顔料など全12品目(2000~5000円)を、4月3日から全国の百貨店20店舗と化粧品専門店11店舗に加え、海外(台湾、韓国、香港、東南アジア)でも販売する。

 同ブランドのスキンケアは製品に自信はあったものの、当時はネイルを筆頭とするカラーメイクが大人気で事業をそこに集中、2002年にスキンケアを休止していた。これまで三越伊勢丹ホ―ルディングスを経由して展開していたが、4月からアメリカ本国のアナ スイ社との直接契約形態になることを機に、あらためてブランドの世界観をアピールするためスキンケアを復活させる。

 新スキンケアは、誕生した当時のボトルから中身の色までを再現した5種の化粧水がメインアイテムとなる。共通成分としてシャクヤク花エキスを配合し、5種にはそれぞれ、高麗人参(代謝促進)やショウガ(血行促進)、ペパーミント(収れん、消炎、鎮静作用)、昆布(保湿や皮膚再生作用)、玉露(収れん効果)などを配合し、肌の状態や気候、気分に合わせて使い分けできるようにそろえた。そのほか、クレンジングや洗顔料、美容液、クリームなども扱う。

 小林勇介アルビオン常務国際事業本部本部長は「当時のスキンケアの売り上げシェアは数%だったが、今回は10%程度まで高めていきたい」と抱負を語った。8月にはメイクアイテムの大幅刷新も控えており、「ブランドの世界観を楽しんでほしい」という。今後は「アナ スイ」のスキンケアとメイクに加え、19年8月に誕生したブランド普遍のカラー“漆黒(ブラック)”を基調にフェミニンさを加味した「スイ ブラック(SUI BLACK)」の3本柱を確立していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。