ファッション

若手デザイナーの登竜門「Tokyo新人デザイナーファッション大賞」が終了 35年の歴史に幕

 若手デザイナーの登竜門「Tokyo新人デザイナーファッション大賞」は、昨年の2019年度を最後に新規募集を終了することを発表した。1984年にオンワード樫山が「オンワード新人デザイナーファッション大賞」としてスタートさせ、若手デザイナーの発掘と支援を35年間行ってきた。

 学生を対象にしたアマチュア部門は、繊維ファッション産学協議会と日本ファッション教育振興協会が共催し、2011年に立ち上がったプロ部門は繊維ファッション産学協議会と東京都が主催。文化学園の国際ファッション産学推進機構が事業受託し、Tokyo新人デザイナーファッション大賞事務局として運営してきた。

 プロ部門では毎年、ブランド設立から7年以内、売上高1000万〜7000万円程度の10組のデザイナーを選出し、小売業への営業や商品構成のディレクション、広報宣伝活動、国内外でのショーやインスタレーションの開催などの最長3年間のビジネス支援を行ってきた。これまでに「アツシ ナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)」「エズミ(EZUMI)」「チノ(CINOH)」「ウジョー(UJOH)」「ダブレット(DOUBLET)」「ターク(TAAKK)」「キディル(KIDLL)」など国内外で活動するデザイナーを送り出してきた。アマチュア部門では「ネ・ネット(NE-NET)」デザイナーの高島一精らを輩出した。

 最終の19年度には「ポートヴェル(PORTVEL)」から改称した「ニューレーベル(NULABEL)」の濱田博昭がプロ部門で最高得点を獲得し、東京都知事賞を獲得していた。18、19年度の受賞者は引き続き支援を受けることができ、事務局は19年度の対象者の支援が終了する22年3月まで運営される予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら