ニュース

都知事賞受賞の「ポートヴェル」が改名してパリでコレクション発表 「アシックス」コラボも披露

 濱田博昭デザイナーが2015年春夏シーズンに立ち上げたメンズブランド「ポートヴェル(PORTVEL)」は、20-21年秋冬シーズンからブランド名を「ニューレーベル(NULABEL)」に改め、本格的な海外進出を目指す。改名後初となるコレクションは、パリ・メンズ・ファッションウイーク期間中の1月17日にパリ3区のショールームにてプレゼンテーション形式で発表した。コレクションは前ブランド時と大きな変わりはなく、機能性素材をインダストリアルなムードに仕立てたキャッチーなストリートウエアが並んだ。同コレクション内では「アシックス(ASICS)」とのコラボレーションシューズを披露。パフォーマンスモデルの"ゲル クォンタム(GEL-QUANTUM)360 6"をオールブラックにアレンジした。

 濱田デザイナーは、19年には繊維ファッション産学協議会が主催する「2019年度Tokyo新人デザイナーファッション大賞 プロ部門」で最高得点を獲得し、東京都知事賞に選出された。「ポートヴェル」の名を国内で広める好機だったが、海外ビジネス拡大のために「ニューレーベル」の商標を国内外で取得し、改名を決意した。「東京都知事賞の受賞で展示会費の支援があるため、海外進出を決めた。ここ数シーズンは海外からの評判もいい。イギリスのブラウンズ(BROWNES)などの既存の取引先を含め、国外のバイヤーにも実物をしっかり見てもらうためにパリでの発表に踏み切った。『アシックス』とのコラボをはじめ、クリエイティブにより注力してビジネスを拡大していきたい」と同氏はコメントした。現在の卸先は国内約20アカウントに加え、最近はイギリスと韓国にも販路を広げている。