フォーカス

「東コレに伝えたい」デザイナーたちの本音 連載Vol.3 「アジア勢が力をつけている中、日本としてできることは何かを見つめ直すべき」

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏の「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」が10月14〜19日に開催される。冠スポンサーがアマゾン ファッションから楽天に変わって初めてのファッション・ウイークとなるため、関係者からの注目は高い。しかし結局は、人を呼べるブランドが参加しないとファッション・ウイークは盛り上がらない。そこで、海外で活躍する日本人デザイナーや「RFWT」に参加するブランド、新進気鋭の若手らに「どんな東コレだったら参加したい?」というテーマでアンケートを実施した。「RFWT」開催期間中から10月28日の「WWDジャパン」東京ファッション・ウイーク特集発売の週まで、回答の一部を連載形式で紹介する。今回は東京都と繊維ファッション産業協議会、ファッション・ウィーク推進機構が共催する「東京ファッションアワード 2019(TOKYO FASHION AWARD 2019)」を受賞した「チノ(CINOH)」「レインメーカー(RAINMAKER)」「ノブユキマツイ(NOBUYUKI MATSUI)」の3ブランドと、「2019年度Tokyo新人デザイナーファッション大賞 プロ部門」で東京都知事賞を受賞した「ポートヴェル(PORTVEL)」の4ブランドが登場。

CINOH
茅野誉之デザイナー

 現在も参加はしていますが、開催時期がBtoBの展示会が終わった後のスケジュールのため、PRやBtoC(即売)を目的にしています。直近のビジネスを行いたいブランドには効果が薄い時期ではあります。

RAINMAKER
渡部宏一デザイナー

 東コレに参加したことで、今までリーチできていなかった国外バイヤーからアプローチが来たり、お客さまの問い合わせや来店が増えたりしました。何よりずっと応援してくれていた顧客が喜んでくれたのが、参加してよかったと思える一番の理由です。ただ海外での展示会にも挑戦し始めており、商品の納期を考えると現在の開催時期には量産の準備に取り掛からなければならず、ランウエイショーを展示会受注の販促として活用することはできません。

NOBUYUKI MATSUI
松井信之デザイナー

 アジアでは上海などの有力ブランドが支援により力をつけており、他の国に取材陣などが分散しています。東コレが海外からも注目してもらうためには、日本のファッション・ウイークとしてできることは何かをもう一度見つめ直し、今本当に必要な“コト”を独自の文化として発信していくべき。それは私たちの課題でもあります。

PORTVEL
濱田博昭デザイナー

 現在の東コレはビジネスと連動しづらいため、参加したいとは思いません。