ニュース

美容機器・ツール部門 「WWDビューティ」2019年下半期ベストコスメ

 「WWDビューティ」2019年12月26日・20年1月2日合併号は恒例企画のベストコスメ特集。美容ジャーナリストや美容誌・女性誌の編集長、エディター、ライター、メイクアップアーティスト、百貨店化粧品バイヤーなどの協力を得て、19年下半期(7〜12月)に発売された製品を対象に全18部門で「WWDビューティ 2019年下半期 ベストコスメ」を選出した。

 繊細な目の周りを低周波でケアするヤーマン「メディリフト アイ」が首位に。「リファ」初のドライヤー「リファビューテック ドライヤー」と「同 ストレートアイロン」は高価格帯ながら2~3位を独占した。

1位 メディリフト「メディリフト アイ」

石井美保/美容家
眼輪筋と側頭筋のダブル刺激が心地よく、まるでプロの手にかかったかのようなほぐれ方。疲れてどんよりした目周りが一気にクリアになり1回の使用でも明らかに目がぱっちり。できてしまった目周りの影も使うごとにどんどん気にならなくなっていくので、目元印象が若返る。

桐野安子/「美スト」編集長
欲しかった“つけたまま美顔器”の目元版。昨年の下半顔用も大ヒットだったが、こちらも優秀。スマホPCで酷使している目元が40℃のヒーターでじんわり温かく、10分使った後には上まぶたまでスッキリし、視界良好に。

神崎恵/美容家
年齢とともに顔全体も目のまわりもむくみやすくなり、目が一回り小さくなったように感じることも。1回の使用で目周りがすっきりし、続けるうちに顔が変わり本来の顔を取り戻していくようで効果実感の高い商品。現代の女性は目を酷使する場面が増えているので、目周りに特化したケアはぜひ取り入れたいところ。

近藤須雅子/美容エディター・ライター
目元の筋肉に直接アプローチするコンセプトは、スマホなどで酷使しがちな今のニーズにぴたりと応えるもの。ほんのり温かい使用感で眼精疲労を癒やし、ケアのモチベーションも高めてくれる。ケア効果、満足感ともに価格以上で、たるみまぶたを気にする大人の女性のマストアイテムになりそう。

曽田啓子/ビューティービジネスプロデューサー
発売以来、話題沸騰のウェアラブルEMS美顔器。ヤーマンの「メディリフト」からアイの登場でまたもや、業界をざわつかせている。リフトモードとストレッチモードと2種のEMSが眼輪筋と側頭部にアプローチ。 簡単に装着できて眼精疲労や目元のたるみ、シワなどの悩みを解決し、目力アップで視界良好。約40℃でじわり温めてくれるのでとにかく気持ちいい。

平輝乃/美容エディター・ライター
繊細な目の周りのマッサージはへたにやるとシワを作るなど逆効果。フェイスライン用の「メディリフト」愛用しているので、即飛びついた! ミュラー筋や眼輪筋などをEMSで的確に刺激でき、目元の肌が引き締まる実感あり! インスタ映えするマスク姿もヒットの要因になっていて今どきだった。

中嶋マコト/モデル・ビューティジャーナリスト
ながら美容ならこちら。目の周囲の筋肉は、スマホ生活になってから年々負荷がかかり、スキンケアだけでは立て直せないのを日々実感している。かといって目元のマッサージは力加減が難しく、これで合っているのかしら?とちゅうちょしながらおずおずと。結果、続けなくなってしまうが、この装着タイプなら夜、ボディーオイルなどで体のマッサージをしているとき、同時に目元のケアが適切なパワーで完結できる。

藤井優美/美容エディター
アイマスクのように目元に装着し、電源をオン。「メディリフト」に比べ、EMSの刺激が穏やかだけど、その後の効果は素晴らしく、1回のケアでも目が開けやすくなり、周りからも「いつもと違う」「目が大きくなったからか小顔になった?」と言われるほど。

MICHIRU/メイクアップアーティスト
EMSの刺激とヒーター効果で、10分装着するだけで目の印象がスッキリ。視界が開けて目力アップ。まぶたが軽くなって疲れ目にもよさそう。

吉田薫/東急百貨店 ファッション・雑貨統括部 第二ショップMD部化粧品担当
使用しながらほかのこともできるデザインは、時間がない方にもおすすめ。

山本未奈子/美容家
悩みの尽きない目元専用のアイテムは、いそがしいときでもハンズフリーでいつでも使える手軽さが便利。じんわりと温かく、プロのエステティシャンにマッサージしてもらっているような心地よさで、イキイキとした印象の目元に。メイク前に使用すれば目がぱっちり。

2位 リファ
「リファビューテック ドライヤー」

海野由利子/美容ジャーナリスト
「髪の温度を60℃以下に保つプロセンシング」機能で熱ダメージの心配がなく、髪の感触が明らかに柔らかく、パサつかなくなった。仕上がりモードが2種類あり「ボリュームアップ」なら根元から髪がふわっと立ち上がる。風もただ強いのではなくて、頭皮までサーッと入り込む感覚。これほど気持ちよく使えるドライヤーは初めて。

梅田美佐子/宝島社「アンドロージー」編集長
美顔器の「リファ」からついにドライヤーが登場。60℃以下で髪を熱ダメージから守ってくれ、“ふわさら”に仕上げてくれる優秀ドライヤー。風量も強いでの速く乾くところもいい。

野毛まゆり/美容愛好家
温冷の大量の風で、髪を軽やかに乾かしながら驚くような艶を出す。一見重そうに見えても持ちやすく扱いやすいので感動!おっくうなドライヤー時間が楽しみに変わる。

渡部玲/美容エディター・ライター
15年前から研究していたという高密度炭酸にイオナイザー、プロセンシングを融合させたことにも驚かされたが、髪の温度を60℃以下にキープしてくれるのも頼もしい一台に感じられた。サロンとの共同開発によって生まれた「リファ」の新しいカテゴリー「リファビューティテック」の今後のアイテムに期待が高まる。

渡辺佳子/美容ジャーナリスト
髪を傷めないために髪表面に伝わる温度をマックス60度に自動調整するハイテク機能。しっとりさせたいモイスチャー、ふんわり根元を立ち上がらせたいボリュームアップのスイッチ切り替えも気が利いており、髪を傷めないだけでなくスタイリングがとても楽になる。自宅でのヘアドライだけでここまで髪のメンテナンスができるのはありがたい。

3位 リファ「リファビューテック
ストレートアイロン」

木津由美子/ハースト婦人画報社「ハーパーズ バザー」編集長代理
ヘアドライヤーやヘアアイロンは単に髪を乾かしてスタイリングするものではなく、髪をみずみずしくケアする美容機器であることはもはや常識。炭酸ケアで知られる「リファ」のアイロンは、水・熱・圧のダメージをコントロールするために独自のカーボンレイヤープレートを採用したところに後発の意地を感じた。

片岡えり/美容エディター・ライター
あらゆる高機能ヘアアイロンの中でも断トツに軽い。だから長い時間使っても疲れない。そして、ストレートパーマのようにぱきっとしたストレートではなく、動いたときにやさしく風に揺れるようなふわっと軽い仕上がりも今っぽい。見て美しいだけじゃなく、触れてさらに魅力的な髪に。完全に乾く前に使ってもダメージレスだし、なんならドライヤーで乾かしてパサッとした髪が、その後にこれを使うと落ち着くほど。

岡部美代治/ビューティサイエンティスト
ストレートアイロンは髪が傷む、髪が硬くなるという人にはとにかく一度使ってほしい!カーボンレイヤープレートが髪質を整え、やわらかくなり艶も出る。手触りのよさはすぐに感じられるはず。毎日使用することを考えると、軽さと使いやすいグリップも目逃せないポイント。これはまさしく究極のビューティツールだ。

松本千登世/エディター・ライター
しっとりと吸い付くように柔らかくしなやかで、エアリーな表情をたたえた“サロン帰りストレート”を簡単に再現する革新のテクノロジーに感動。仕上がりはもちろん、濡れた髪にも使える構造は、現代を生きるいそがしい女性たちにとって、頼もしい味方に違いない。

2019年下半期ベストコスメ一覧
美容のプロ55人が選ぶ全18部門の下半期“名品”を発表!

54人の「WWDビューティ 2019年下半期 ベストコスメ」選定委員 ※順不同、敬称略
【美容ジャーナリスト】海野由利子、加藤智一、倉田真由美、近藤須賀子、斎藤薫、永富千晴、吉田昌佐美 、渡辺佳子 【美容エディター・ライター】安倍佐和子、AYAYA、猪狩幸子、入江信子、宇野ナミコ、大塚真里、小川由紀子、片岡えり、平輝乃、巽香、近内明子、中込久理、藤井優美、松村有希子、松本千登世、渡部玲 【美容家】石井美保、岡本静香、神崎恵、小林ひろ美、深澤亜紀、山本未奈子 【メイクアップアーティスト、ヘア&メイクアップアーティスト】KUBOKI、藤原美智子、MICHIRU、村松朋広、山本浩未 【百貨店化粧品バイヤー】入月雅子/三越伊勢丹 化粧品統括部MD、岡部麻衣/三越伊勢丹 化粧品MD統括部マーチャンダイザー、金川いずみ/阪急うめだ本店ビューティー営業統括部化粧品商品部アシスタントバイヤー、寺本知香/松屋 婦人一部MD課バイヤー、望月美穂/大丸松坂屋百貨店 営業本部 MD戦略推進室 化粧品 部長、吉田薫/東急百貨店 ファッション・雑貨統括部 第二ショップMD部化粧品担当 【メディア】梅田美佐子/宝島社「アンドロージー」編集長、加藤さやか/CCCメディアハウス「フィガロジャポン」シニアエディター、木津由美子/ハースト婦人画報社「ハーパーズ・バザー」編集長代理、桐野安子/光文社「美スト」編集長、高橋絵里子/講談社「ヴォーチェ」編集長、中西陽子/マガジンハウス「アンアン」キャップ、松井朝子/ハースト婦人画報社「エル・オンライン」ビューティデスク・「エル・ジャポン」編集長代理【その他】岡部美代治/ビューティサイエンティスト、SAKURA/モデル・ビューティジャーナリスト、曽田啓子/ビューティービジネスプロデューサー、貴子/松倉クリニック代官山・院長、中嶋マコト/モデル・ビューティジャーナリスト、野毛まゆり/美容愛好家
《選定方法》
2019年7~12月に発売された化粧品(リニューアル発売・新色追加を含む)を対象に、選定委員55人が「スキンケア部門」「ベースメイク部門」「ポイントメイク・目元部門」「ポイントメイク・リップ部門」「ポイントメイク・その他部門」「ヘアケア部門」「ボディーケア部門」「インナーケア部門」「美容機器・ツール部門」「フレグランス部門」「新知見部門」「オーガニック・ナチュラル部門」「プロダクトデザイン部門」「ドラッグストア&バラエティーショップ部門」「ADビジュアル部門」「イベント部門」「ストア部門」「ブランド部門」の計18部門で1~3位を選出。1位を3ポイント、2位を2ポイント、3位を1ポイントで集計し、合計ポイントで順位を決定した。なお、「イベント部門」「ストア部門」は5~9月末までの開催・オープンを対象とした。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら