ファッション

ドラッグストア&バラエティーショップ部門 「WWDビューティ」2019年下半期ベストコスメ

 「WWDビューティ」2019年12月26日・20年1月2日合併号は恒例企画のベストコスメ特集。美容ジャーナリストや美容誌・女性誌の編集長、エディター、ライター、メイクアップアーティスト、百貨店化粧品バイヤーなどの協力を得て、19年下半期(7〜12月)に発売された製品を対象に全18部門で「WWDビューティ 2019年下半期 ベストコスメ」を選出した。

 6色それぞれの色の個性を表現するために、濃度や質感などが異なる6種のフォーミュラを開発したウズ バイ フローフシ「38℃/99℉ リップスティック <トウキョウ>」が首位を獲得。トリートメント成分を配合し、ケア効果も期待できる。

1位 ウズ バイ フローフシ「38℃/99℉
リップスティック<トウキョウ>」

猪狩幸子/ビューティエディター
日本人の肌色にマッチする全6色は、カラーによって濃度と質感が違うのがユニーク! 全色欲しくなるほど使いやすく、塗るだけで今っぽいリップに。クリアなパッケージもかわいくて、今季いつもバッグに1~2本入れていた。複数のフォトグラファーが捉えた“38℃”の瞬間の広告キャンペーンも素敵。

加藤さやか/CCCメディアハウス「フィガロジャポン」シニアエディター
いまの気分にぴったりの6色。それぞれの色に合うテクスチャーにするため、フォーミュラを替えているという細やかな仕事ぶり。それでこの価格。売れないわけがない。

倉田真由美/美容ジャーナリスト
この品質でこの価格のものができる、ということを世に知らしめた「ウズ」から出た口紅。正直なところ、最初見たときは“普通”と思ったけど、つけてみたらそれが間違っていたことを反省。それぞれの色の魅力を最大限に出すため、一つ一つ濃度と質感のフォーミュラを替えてしまうなんて、「ウズ」にしかできないことかも。するするっと軽く伸び、重さの全くないつけ心地なのに発色はクリアで、マイナスイオンを発するエンドミネラルや乳酸菌ラ・フローラによるトリートメント効果は上々。「やるな『ウズ』」という感じ。

野毛まゆり/美容愛好家
唇の上で滑らかにとろけるように伸びるけど、密着感や発色は抜群!潤わせながら肌色トーンをアップしてくれる。プチプラとは思えないモードなパッケージも素晴らしい。

藤井優美/美容エディター
「それどこの?」と、同業者やメイクアップアーティストに何度聞いたことか。唇の色によって微妙に発色が変わるから、塗る人によってまったく違う表情を見せてくれるのが本当に新鮮。機能的にもトリートメント効果が高く、リップクリーム感覚で塗れるところもよかった。

松村有希子/美容エディター
ブランド初のリップスティックは、色によって質感や濃度が絶妙に異なるというさすがのこだわりぶりで、どの色をつけてもプチプラとは思えないほどの美しい彩りに感動。乳酸菌ラ・フローラを配合するなどケア効果も素晴らしく、全色買いしたくなる。「ウズ」の裏切らない商品力は本当にすごい!

吉田薫/東急百貨店 ファッション・雑貨統括部 第二ショップMD部化粧品担当
容器のデザインがおしゃれでつい手に取ってしまう。シアーな仕上がりは今年らしい。価格帯も手軽で実用性が高い。

2位 フジコ
「ミニウォータリールージュ」

AYANA/ビューティライター
「コスメ軽量化」と「レイヤード」と「高発色」という3のトレンドを難なくコンセプトにしてしまったクリアブロック型のリップ。今の気分を取り入れるだけではなく、ここまでやる⁉という飛び道具的な発想が「フジコ」らしくて大好き。

入江信子/美容エディター・ライター
ミニなサイズ、クリアなデザイン、連結できる遊び心にワクワク。また、唇を覆い隠さない軽やかな発色も今年らしい。柿色レッド、赤みブラウンなどの色出し、カラーチェンジャーの冒険心もあっぱれで、やっぱりプチプラは攻めなくちゃね!と思わされる。

高橋絵里子/講談社「ヴォーチェ」編集長
「フジコ」を見ればトレンドが分かる、というくらいプチプラ界をぶっちぎりでけん引するブランド。このリップは女子心を刺激する見た目のわくわく感と、旬な発色にまたやってくれた感あり。特に06番は弊誌のべスコスを受賞した、プロも納得の“ど真ん中カラー”。

深澤亜希/美容家
唇にするするなじむ使い心地のいいテクスチャー、肌なじみのいい発色、携帯にうれしいミニ感、見た目の可愛さ、さらに他色と合わせられるなど、使っていて楽しくうれしい要素満載。デイリーユースリップにぴったりの使い心地で、かつ値段も手ごろなので、何色もそろえてしまう。

3位 ヴィセ アヴァン
「リップ&アイカラー ペンシル」

宇野ナミコ/美容ライター 
メイクのワクワク感を呼び覚ます、豊富なカラーラインアップ。そして、スルスルと滑らかな描き心地と、繊細なパール粒子による肌との一体感。このクオリティーをこの価格でかなえた「ヴィセ アヴァン」には、惜しみない拍手を送りたい気持ち。目尻にほんの一差しするだけで、遊び心のあるまなざしが手に入る。大人の女性にこそ試してほしい一品。

KUBOKI/ヘア&メイクアップアーティスト
リップ&アイカラーという面白い組み合わせで、メイクの可能性を広げてくれる。発色がよくマットな質感で、遊び心がありつつもオシャレに決まる、そんな一本。

2019年下半期ベストコスメ一覧
美容のプロ55人が選ぶ全18部門の下半期“名品”を発表!

54人の「WWDビューティ 2019年下半期 ベストコスメ」選定委員 ※順不同、敬称略
【美容ジャーナリスト】海野由利子、加藤智一、倉田真由美、近藤須賀子、斎藤薫、永富千晴、吉田昌佐美 、渡辺佳子 【美容エディター・ライター】安倍佐和子、AYAYA、猪狩幸子、入江信子、宇野ナミコ、大塚真里、小川由紀子、片岡えり、平輝乃、巽香、近内明子、中込久理、藤井優美、松村有希子、松本千登世、渡部玲 【美容家】石井美保、岡本静香、神崎恵、小林ひろ美、深澤亜紀、山本未奈子 【メイクアップアーティスト、ヘア&メイクアップアーティスト】KUBOKI、藤原美智子、MICHIRU、村松朋広、山本浩未 【百貨店化粧品バイヤー】入月雅子/三越伊勢丹 化粧品統括部MD、岡部麻衣/三越伊勢丹 化粧品MD統括部マーチャンダイザー、金川いずみ/阪急うめだ本店ビューティー営業統括部化粧品商品部アシスタントバイヤー、寺本知香/松屋 婦人一部MD課バイヤー、望月美穂/大丸松坂屋百貨店 営業本部 MD戦略推進室 化粧品 部長、吉田薫/東急百貨店 ファッション・雑貨統括部 第二ショップMD部化粧品担当 【メディア】梅田美佐子/宝島社「アンドロージー」編集長、加藤さやか/CCCメディアハウス「フィガロジャポン」シニアエディター、木津由美子/ハースト婦人画報社「ハーパーズ・バザー」編集長代理、桐野安子/光文社「美スト」編集長、高橋絵里子/講談社「ヴォーチェ」編集長、中西陽子/マガジンハウス「アンアン」キャップ、松井朝子/ハースト婦人画報社「エル・オンライン」ビューティデスク・「エル・ジャポン」編集長代理【その他】岡部美代治/ビューティサイエンティスト、SAKURA/モデル・ビューティジャーナリスト、曽田啓子/ビューティービジネスプロデューサー、貴子/松倉クリニック代官山・院長、中嶋マコト/モデル・ビューティジャーナリスト、野毛まゆり/美容愛好家
《選定方法》
2019年7~12月に発売された化粧品(リニューアル発売・新色追加を含む)を対象に、選定委員55人が「スキンケア部門」「ベースメイク部門」「ポイントメイク・目元部門」「ポイントメイク・リップ部門」「ポイントメイク・その他部門」「ヘアケア部門」「ボディーケア部門」「インナーケア部門」「美容機器・ツール部門」「フレグランス部門」「新知見部門」「オーガニック・ナチュラル部門」「プロダクトデザイン部門」「ドラッグストア&バラエティーショップ部門」「ADビジュアル部門」「イベント部門」「ストア部門」「ブランド部門」の計18部門で1~3位を選出。1位を3ポイント、2位を2ポイント、3位を1ポイントで集計し、合計ポイントで順位を決定した。なお、「イベント部門」「ストア部門」は5~9月末までの開催・オープンを対象とした。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。