ファッション

ポイントメイク・その他部門 「WWDビューティ」2019年下半期ベストコスメ

 「WWDビューティ」2019年12月26日・20年1月2日合併号は恒例企画のベストコスメ特集。美容ジャーナリストや美容誌・女性誌の編集長、エディター、ライター、メイクアップアーティスト、百貨店化粧品バイヤーなどの協力を得て、19年下半期(7〜12月)に発売された製品を対象に全18部門で「WWDビューティ 2019年下半期 ベストコスメ」を選出した。

 1位を獲得したウカ「ベージュスタディ ツー」はベーシックな色味ながら、ネイル製品を得意とする同ブランドらしい絶妙な発色と美爪成分に票が集まった。

1位 ウカ「ベージュスタディ ツー」

猪狩幸子/ビューティエディター
コンサバな印象になりがちなベージュが、「ウカ」の手にかかるとおしゃれで、今っぽくて、色気まである。ほんのりグレーのニュアンスがあるピンクベージュ「1/2」は、手もとを格段に美しく見せてくれ、どんなスキントーン、ファッションにもマッチする万能色。

入江信子/美容エディター・ライター
ネイルの基本中の基本色であるベージュも、見方を変えればさまざまな表情を持つと再認識させられるコレクション。「1/2」は大人の間で定着してきたグレイッシュなピンクベージュの集大成。くすまない安心感がありつつも、ほかとはひと味違う色作りのセンスはさすが。

梅田美佐子/宝島社「アンドロージー」編集長
大人の手肌を美しく見せてくれる絶妙なカラー。どんなコーディネートにも似合うベーシックなベージュだが、ベーシックなカラーだからこそ色選びが大切だと思った。「ウカ」のネイルは爪にやさしい美容成分も入っているところもポイント。

片岡えり/美容エディター・ライター
ありそうでなかった、赤みにも黄みにも転ばないニュートラルな王道ベージュ。TPOを選ばず、シンプルだけど平凡ではなく、モード感がありつつ男性受けもいいというバランスのよさに、つい手が伸びる。一通りのネイルアイテムを経験した人がたどり着く、センスのいいベーシックネイルの日本代表。塗りやすさ、乾きの速さ、圧迫感のないつけ心地までパーフェクト。

加藤さやか/CCCメディアハウス「フィガロジャポン」シニアエディター
「待っていました、『ウカ』のベージュ」。繊細なトーン違いの5つの色出しは渡邉季穂・代表ならでは。特にピンクみのある「4/2」のピンクベージュは私の手と一体化して、それはそれは上品に見せてくれる。

近藤須雅子/美容エディター・ライター
ピンクみのある上品なベージュは手元はもちろんペディキュアとしても美しく、くすんだ肌にさえた明るさを演出してくれる。期待を大きく上回るモード感だけでなく、塗りやすさや色持ちも文句のつけようがない上質さで、生まれながらの殿堂入りネイル。

MICHIRU/メイクアップアーティスト
どんな手元もキレイに見せてくれる、まるで肌の一部のような大人のピンクベージュ。撮影に絶対欠かせないカラー。

2位 スック
「3D コントロール アイブロウ」

小川由紀子/美容エディター・ライター
シンプルなつくりで使いやすいのに、リアルな“毛”と“影”になる力がすごい。濃淡のパウダーを何となく混ぜて眉の隙間を埋め、ブラシに残った粉はノーズシャドーにも。それだけで眉がフサフサと、まなざしがクッと際立つのには驚き。感覚のままに使っても眉メイクがサマになり時短にも!

中嶋マコト/モデル・ビューティジャーナリスト
ダブルエンドの付属の筆が秀逸。幅広に色を伸ばすことも、ペンシルで描いたようなシャープな線を引くことも可能。眉の描き方が筆のおかげで上達するので、アイブロウパウダー専用の筆を買おうかと迷っているなら、こちらを購入した方がお得かも?ライトカラーを眉下に入れると、太眉でも自然な立体感が生まれる点も秀逸。「眉を濃くして強調したいけど、貼り付けたようなのっぺり眉はいや」という人に最適。

松本千登世/美容エディター・ライター
イエローホワイトの粉をノーズライト&ハイライトに、ダークチャコールとカーキグリーンの粉で眉に立体感とニュアンスを……。顔の印象をぐっとあか抜けさせる、色、質感、艶感に感動。意志を感じさせるのにどこかほのかに女っぽさが漂う、思いのままの眉デザインがかなう。

3位 THREE
「チーキーシークブラッシュ」

岡部美代治/ビューティサイエンティスト
パウダーチークなのに肌になじむことで透明感と艶が出て肌がきれいに見える。色がふんわり感じるのは肌が潤いをキープできているから。7種の植物オイルの選定と配合バランスがトリートメント効果と上質な仕上がりを両立させている。「THREE」ならではのこだわりが伝わってくる。

貴子/松倉クリニック代官山・院長
2019年のチーキーシークブラッシュは19番が一推し!一見ぎょっと驚く紫色に近い青みピンクだが肌なじみがよく、透明感を増して顔全体の明るさを数トーンアップしてくれる。ファンデーションのように肌の凹凸などの質感まで見栄えよく変化させてくれるので、ひと塗りでメイクの仕上がりが向上する。これこそ美肌チーク!

山本未奈子/美容家
疲れ顔をフレッシュな色で一瞬で華やかにする。特に19番のカラーは、ブルーのニュアンスがくすみを払拭し、肌の透明感を上げてトーンアップしてくれる。くすみが気になる夕方の速攻リカバリーにもぴったり。肌なじみもよく、ナチュラルで使いやすい。

2019年下半期ベストコスメ一覧
美容のプロ55人が選ぶ全18部門の下半期“名品”を発表!

54人の「WWDビューティ 2019年下半期 ベストコスメ」選定委員 ※順不同、敬称略
【美容ジャーナリスト】海野由利子、加藤智一、倉田真由美、近藤須賀子、斎藤薫、永富千晴、吉田昌佐美 、渡辺佳子 【美容エディター・ライター】安倍佐和子、AYAYA、猪狩幸子、入江信子、宇野ナミコ、大塚真里、小川由紀子、片岡えり、平輝乃、巽香、近内明子、中込久理、藤井優美、松村有希子、松本千登世、渡部玲 【美容家】石井美保、岡本静香、神崎恵、小林ひろ美、深澤亜紀、山本未奈子 【メイクアップアーティスト、ヘア&メイクアップアーティスト】KUBOKI、藤原美智子、MICHIRU、村松朋広、山本浩未 【百貨店化粧品バイヤー】入月雅子/三越伊勢丹 化粧品統括部MD、岡部麻衣/三越伊勢丹 化粧品MD統括部マーチャンダイザー、金川いずみ/阪急うめだ本店ビューティー営業統括部化粧品商品部アシスタントバイヤー、寺本知香/松屋 婦人一部MD課バイヤー、望月美穂/大丸松坂屋百貨店 営業本部 MD戦略推進室 化粧品 部長、吉田薫/東急百貨店 ファッション・雑貨統括部 第二ショップMD部化粧品担当 【メディア】梅田美佐子/宝島社「アンドロージー」編集長、加藤さやか/CCCメディアハウス「フィガロジャポン」シニアエディター、木津由美子/ハースト婦人画報社「ハーパーズ・バザー」編集長代理、桐野安子/光文社「美スト」編集長、高橋絵里子/講談社「ヴォーチェ」編集長、中西陽子/マガジンハウス「アンアン」キャップ、松井朝子/ハースト婦人画報社「エル・オンライン」ビューティデスク・「エル・ジャポン」編集長代理【その他】岡部美代治/ビューティサイエンティスト、SAKURA/モデル・ビューティジャーナリスト、曽田啓子/ビューティービジネスプロデューサー、貴子/松倉クリニック代官山・院長、中嶋マコト/モデル・ビューティジャーナリスト、野毛まゆり/美容愛好家
《選定方法》
2019年7~12月に発売された化粧品(リニューアル発売・新色追加を含む)を対象に、選定委員55人が「スキンケア部門」「ベースメイク部門」「ポイントメイク・目元部門」「ポイントメイク・リップ部門」「ポイントメイク・その他部門」「ヘアケア部門」「ボディーケア部門」「インナーケア部門」「美容機器・ツール部門」「フレグランス部門」「新知見部門」「オーガニック・ナチュラル部門」「プロダクトデザイン部門」「ドラッグストア&バラエティーショップ部門」「ADビジュアル部門」「イベント部門」「ストア部門」「ブランド部門」の計18部門で1~3位を選出。1位を3ポイント、2位を2ポイント、3位を1ポイントで集計し、合計ポイントで順位を決定した。なお、「イベント部門」「ストア部門」は5~9月末までの開催・オープンを対象とした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。