ファッション

スキンケア部門 「WWDビューティ」2019年下半期ベストコスメ

 「WWDビューティ」2019年12月26日・20年1月2日合併号は恒例企画のベストコスメ特集。美容ジャーナリストや美容誌・女性誌の編集長、エディター、ライター、メイクアップアーティスト、百貨店化粧品バイヤーなどの協力を得て、19年下半期(7〜12月)に発売された製品を対象に全18部門で「WWDビューティ 2019年下半期 ベストコスメ」を選出した。

 スキンケア部門では、処方を強化してリニューアルした資生堂「ル・セラム」とランコム「ジェニフィック アドバンスト N」がランクインした。業界最高峰の植物研究を用いて、第2の“スキコン”を目指すアルビオン「フローラドリップ」も大きな注目を集めた。

1位 クレ・ド・ポー ボーテ
「ル・セラム」【医薬部外品】

入江信子/美容エディター・ライター
今注目の“肌が持つ力を上げるケア”の最進化版で、ぜいたくなベースアップ力によりエイジング肌が変わっていくのが魅力。真皮に加えて表皮にも働きかけるので結果が早く、翌朝から実感するベルベットのような肌の滑らかさ、艶、そしてふわっとした弾力感に、目と触れた指からも喜びを感じることができる。

海野由利子/美容ジャーナリスト
洗顔後すぐに使う美容液は、次につけるアイテムの浸透を高める“ブースター”の役割をするものが多いが、この「ル・セラム」は使い続けるほどに手応えを感じる。透明感やハリがアップするような、肌の調子が明らかによくなるような。本来のポテンシャルを引き上げ、肌を育ててくれる実感が高かった製品だ。スペシャルケアではなく毎日使うという位置づけにも納得できた。

岡部美代治/ビューティサイエンティスト
肌本来の美しさを保つ機能をサポートする理論を実感させるべくなじみを追求した美容液処方に納得した。つけて軽く伸ばすだけで肌に吸い込まれていくような絶妙なテクスチャーが気持ち良い。使い続けるごとに肌の調子がどんどん上向きになる手応えがあるからやめられない。このやみつき感に高い技術力を感じる。

岡本静香/美容家
もう手放せない!洗顔後につければ即時に潤うので、焦って化粧水をつけることがなくなった。こちらをつけてスキンケアステップを完了させると、内から輝く肌に仕上がる。保湿されている実感も増すので、美肌力をすぐに上げたい人におすすめ。

小川由紀子/美容エディター・ライター
使った翌朝は肌の輝きが明らかに変わって、内側に光をたたえたような柔らかな発光感が出るのに大感動!しかも肌そのものも柔らかくしなやかな感触になって、これが“幸福感のある肌”ということなのかなと。決して人工的でも無理をして若々しくあろうとするのでもない“人生を楽しんでいる人”のオーラが手に入る。ラインで使うとアベレージ高めの調子のよい肌を保てて、資生堂の底力を見た!という感じ。

齋藤薫/美容ジャーナリスト
とにかく初めて使ったときの目に見える即効性に驚いた。明らかにキメが整って膨らみ、毛穴が目立たなくなるのは、たった1回の肌変化としては異例。“肌知性への着目”という最先端研究の成果としてはもちろん、誰もが一番求めているものを洗顔後の肌に一番に届ける一番美容液。エイジングケアのまったく新しいカテゴリー誕生と言えるのだろう。

平輝乃/美容エディター・ライター
塗った瞬間から肌が艶めく、輝く。そしてそれがその場で終わらず、日に日に増していく。化粧品ってここまで即効で効果を実感できるレベルまできたんだと、進化に今年一番驚いた美容液。

野毛まゆり/美容愛好家
つけたときとそうでないときの差が歴然と出るセラム。洗顔後のまっさらな肌に何をつけるのか?が、将来の美肌への鍵を握る。そんな喜びを教えてくれた逸品。

藤井優美/美容エディター
つけた翌朝目覚めたときの肌の透明感にまず驚き、使い続けるほどに端正な肌に仕上がっていくような感覚。どんなに疲れていても、翌朝にはそれを感じさせない肌に。自分の肌のポテンシャルがどんどん高まっていくよう。肌に“輝きを仕込める”ことを初めて実感した。

2位 アルビオン「フローラドリップ」

猪狩幸子/ビューティエディター
洗顔後すぐに使う美容液は、肌にスッと浸透し、肌全体を底上げしてくれる感覚が気持ちいい! 肌の調子が改善され、内側からムチっとしたハリ感も。確かな効果実感に加えて、ラグジュアリーなボトルに滑らかなテクスチャー、優美な香り……。すべてが特別なスキンケア。

宇野ナミコ/美容ライター
自社農園で有機栽培からスタートした植物原料、伝統的な発酵技術の応用。それらに「スマートセルインダストリー」の発想を取り入れ、過去にない成分の生成法を実現したこと。古来の知恵と先端技術を融合した製品であり、最も重要な“肌への浸透感”“美肌を育む実感”に優れている点も感動的。文句なく、今年のベストコスメにふさわしい一品。

岡部麻衣/三越伊勢丹 化粧品MD統括部 マーチャンダイジングディビジョン 新宿化粧品 マーチャンダイザー
発酵の力に着目して5種の厳選植物を発酵させることで、こっくりとした濃厚なテクスチャーに。しっとりとなめらかで、肌にすーっとなじむ感触。

片岡えり/美容エディター・ライター
白濁した温泉のようなまろやかさと枯れた肌にもぐんぐんしみ込む浸透のよさ。なにより、肌の核にアプローチして偏りや不足を絶好調へ押し上げるエフェクトがすごい。はやりの発酵とはステージが違う、アルビオンの本気を見た。肌アレにもくすみにも乾燥にも効く、極めて日本的な新名品と断言したい。

加藤さやか/CCCメディアハウス「フィガロジャポン」シニアエディター
2019年は発酵成分をキーにしたスキンケア製品の発売が多い一年だったが、アルビオン製品は原料のハーブやこうじの素材が別格。甘酒のような見た目とまろやかなとろみで、つけるたびに肌が喜ぶのが分かる。一滴も無駄にしたくない感じ。

金川いずみ/阪急うめだ本店 ビューティー営業統括部 化粧品商品部 アシスタントバイヤー
ローションパックや美容液代わりに、とマルチに使えるので一本あれば安心。その後に使うスキンケアアイテムの浸透力がアップするので、肌状態が不安定なときや、メイクをしたまま寝てしまった次の日の朝の救世主としても。ハーバルの爽やかな香りがクセになる人が続出。男性にもおすすめ。

桐野安子/光文社「美スト」編集長
初めて使ったその瞬間から 「なんかいい」じゃなくて「すごくいい!」と虜に。肌奥からみっちりと潤う実感あり。パウダリーで優しい香りにも癒される。発酵の上をいく“計画的発酵”という技術も素晴らしい。

近藤須雅子/美容エディター・ライター
コクがあるのに後肌は爽やかという心地よくクセになるテクスチャー、明るい未来を確信できる力強い手応え……と魅力にあふれた傑作ローション。2019年の単年ヒットにとどまらず、名作“スキコン”に比肩するロングセラーになるのは確実だ。

望月美穂/大丸松坂屋百貨店 営業本部 MD戦略推進室 部長 化粧品担当
ハーブとこうじの発酵パワーがぎゅっと凝縮されたエキス。一滴一滴が濃密なテクスチャーで、肌の潤いともっちり感はこれ一本で手入れOKと思わせるほどの手応え。メディカルハーブのすがすがしい香りは、朝使うとすっきりした目覚めを、夜には安らぎを運んでくれる。

中嶋マコト/モデル・ビューティジャーナリスト
ホルモンバランスや季節の変わり目、体調不良などで揺らぎやすい時期にもこの化粧液の実力が分かる。「化粧液の方からその時々の肌に合わせてくれる」いままでになかった使いやすさ。普段元気なときはおいしいジュースのように、体調が悪化したときは回復に向けて薬に近い効果を発揮する酵素ドリンクのような存在。

渡辺佳子/美容ジャーナリスト
はやりの発酵ものだが自然の成り行きに任せた発酵ではなく、あらかじめ得たい肌効果などの条件設定をしてそれをかなえるべく凝縮成分を微生物に作らせた製品。そのために白神産の5種の植物を選定し、純白こうじ“しらかみ”で発酵させるという工程がさすがアルビオン。

3位 ランコム
「ジェニフィック アドバンスト N」

KUBOKI/ヘア&メイクアップアーティスト
肌にすぐになじんでしっかりと保湿。美肌菌に着目し、バリア機能や修復機能をしっかりとサポートしてくれる心強いアイテム。揺らぎに強い肌へと導いてくれる。

神崎恵/美容家
リニューアルにより力強さが増し、肌の調子がいいときも悪いときも飛躍的にコンディションを上げてくれる。柔らかくふっくらとして艶もある、女性なら誰もがほしい“ズルい肌”がかなう。使ううちに、鏡を見て「いい!」と思う日が確実に増えていく。

高橋絵里子/講談社「ヴォーチェ」編集長
今回の新生ジェニフィックは革新性、コンセプトのユニークさ、肌効果、その全てを満たした商品。また進化の度合いがほとんど新商品では?というくらいのパワーアップ感。もともと人気がある商品なのに、守りに入らず、ここまでの進化をするというブランドとしてのアグレシッシブさに感動。

巽香/美容エディター・ライター
「菌活」ブームの昨今だが、いわゆる「美肌菌」のバランスが整うと、こんなにも肌の調子が高まり安定に転じるのかと使うほどにうれしい驚きがあり、「菌力」を再認識。洗顔後すぐに使うプレ美容液が大豊作だった2019年にあっても、頭ひとつ抜き出た存在。

貴子/松倉クリニック代官山・院長
肌コンディションを左右する表皮の常在菌叢を美肌バランスに導く画期的な処方!乾燥肌にも揺らぎ肌にもニキビ肌にも効果を発揮し、これなしではスキンケアしたくないほど肌が根底から変化する実感。毎日進化していく肌は、1カ月後、半年後にどれほど成長しているのだろうかと使うたびわくわくさせてくれる。

松本千登世/美容エディター・ライター
医療分野でも高い注目を浴びているマイクロバイオームにいち早く着目した「美肌菌アプローチ」は、美容のこれからを進化させる革新と確信。まるで、一人ひとりの肌に合わせてオーダーメードしたかのような働きかけだからこそ、年齢も肌質も悩みも、超える!

2019年下半期ベストコスメ一覧
美容のプロ55人が選ぶ全18部門の下半期“名品”を発表!

54人の「WWDビューティ 2019年下半期 ベストコスメ」選定委員 ※順不同、敬称略
【美容ジャーナリスト】海野由利子、加藤智一、倉田真由美、近藤須賀子、斎藤薫、永富千晴、吉田昌佐美 、渡辺佳子 【美容エディター・ライター】安倍佐和子、AYAYA、猪狩幸子、入江信子、宇野ナミコ、大塚真里、小川由紀子、片岡えり、平輝乃、巽香、近内明子、中込久理、藤井優美、松村有希子、松本千登世、渡部玲 【美容家】石井美保、岡本静香、神崎恵、小林ひろ美、深澤亜紀、山本未奈子 【メイクアップアーティスト、ヘア&メイクアップアーティスト】KUBOKI、藤原美智子、MICHIRU、村松朋広、山本浩未 【百貨店化粧品バイヤー】入月雅子/三越伊勢丹 化粧品統括部MD、岡部麻衣/三越伊勢丹 化粧品MD統括部マーチャンダイザー、金川いずみ/阪急うめだ本店ビューティー営業統括部化粧品商品部アシスタントバイヤー、寺本知香/松屋 婦人一部MD課バイヤー、望月美穂/大丸松坂屋百貨店 営業本部 MD戦略推進室 化粧品 部長、吉田薫/東急百貨店 ファッション・雑貨統括部 第二ショップMD部化粧品担当 【メディア】梅田美佐子/宝島社「アンドロージー」編集長、加藤さやか/CCCメディアハウス「フィガロジャポン」シニアエディター、木津由美子/ハースト婦人画報社「ハーパーズ・バザー」編集長代理、桐野安子/光文社「美スト」編集長、高橋絵里子/講談社「ヴォーチェ」編集長、中西陽子/マガジンハウス「アンアン」キャップ、松井朝子/ハースト婦人画報社「エル・オンライン」ビューティデスク・「エル・ジャポン」編集長代理【その他】岡部美代治/ビューティサイエンティスト、SAKURA/モデル・ビューティジャーナリスト、曽田啓子/ビューティービジネスプロデューサー、貴子/松倉クリニック代官山・院長、中嶋マコト/モデル・ビューティジャーナリスト、野毛まゆり/美容愛好家
《選定方法》
2019年7~12月に発売された化粧品(リニューアル発売・新色追加を含む)を対象に、選定委員55人が「スキンケア部門」「ベースメイク部門」「ポイントメイク・目元部門」「ポイントメイク・リップ部門」「ポイントメイク・その他部門」「ヘアケア部門」「ボディーケア部門」「インナーケア部門」「美容機器・ツール部門」「フレグランス部門」「新知見部門」「オーガニック・ナチュラル部門」「プロダクトデザイン部門」「ドラッグストア&バラエティーショップ部門」「ADビジュアル部門」「イベント部門」「ストア部門」「ブランド部門」の計18部門で1~3位を選出。1位を3ポイント、2位を2ポイント、3位を1ポイントで集計し、合計ポイントで順位を決定した。なお、「イベント部門」「ストア部門」は5~9月末までの開催・オープンを対象とした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。