ファッション

ジャーナルスタンダード2020年春夏 チャイナ、デニム、タイダイでキャッチーなテイストミックス

 ベイクルーズグループのジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)の2020年春夏は、“リラクシングマニッシュ”をテーマに、チャイナカラーのウエア、ワンピース、ブルーデニムなど、さまざまなテイストをミックスして打ち出す。

 春の立ち上がりはペールグリーンやイエローをベースに、薄手のジャケットやスラックスパンツなどを提案。ゼブラやチェック柄を合わせて、「全体をキャッチーな雰囲気にまとめた」と藤原祥子プレスは語る。夏に向けて一枚でさらりと着られる「ブラック クレーン(BLACK CRANE)」のワンピースや、刺しゅうで柄を表現した「ノーマ ティーディー(NOMA T.D.)」のアロハシャツなど、リラックス感のあるアイテムも加わる。

 イチ推しブランドは、2018-19年春夏にスタートしたチャイナテイストの「ヤンヤン(YANYAN)」。別注アイテムを含めてチャイナカラーのニットウエアとセットアップで着られる同素材のスカートなどを並べる。

 新規導入のブルックリンのジュエリー&ウエアブランド「スーベニア(SVNR)」では、タイダイ柄のシルク調キャミソールワンピースなどを買い付けた。

 雑貨は、スクエアトウのサンダルを華奢なストラップや編み目のディテールなどのデザインで提案。「今まであまり打ち出してこなかったデザイン。取り入れるだけでトレンド感を出せる」と藤原プレス。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら