ニュース

オーガニック・ナチュラル部門 「WWDビューティ」2019年下半期ベストコスメ

 「WWDビューティ」2019年12月26日・20年1月2日合併号は恒例企画のベストコスメ特集。美容ジャーナリストや美容誌・女性誌の編集長、エディター、ライター、メイクアップアーティスト、百貨店化粧品バイヤーなどの協力を得て、19年下半期(7〜12月)に発売された製品を対象に全18部門で「WWDビューティ 2019年下半期 ベストコスメ」を選出した。

 スキンケア製品が上位に入る中、カラーズが睡眠治療の専門家と共同開発したザ パブリックオーガニック「スーパーディープナイト ホリスティック精油ピローミスト」がランクイン。睡眠ケア市場は今後さらなる拡大が見込まれる。

1位 イトリン「エレメンタリー
フェイス トリートメントオイル」

石井美保/美容家
潤いに満ちた上質な艶を纏うだけでなく、巡りのいい肌になりたいという女性の願望を見事にかなえたただならぬオイル。メリッサを中心にしたすっきりとして凛とした印象のハーバルな香りにとにかく癒され、この香りを堪能しながら肌を丁寧にマッサージしようという気持ちにさせてくれる。

加藤智一/美容ジャーナリスト
思わず深呼吸したくなるほど、濃い植物の香りに心酔。“滋養オイル”といった使用感で、肌がいきいきと元気のある質感になっていくのが分かる。特に乾燥や疲労感が気になるときに塗ってマッサージすると、効果テキメン。

SAKURA/モデル・ビューティジャーナリスト
柑橘系のようなすっきりする香りが好きで、2滴ほど手のひらに取り温めて、まずは香りを楽しんでから顔に伸ばす。洗顔後にすぐ導入としてつけてもいいし、化粧水の後でもいいので、カスタマイズして使えて肌をしっかり保湿してくれる。シコンエキスの天然カラーのピンクが使うたびに気持ちがハッピーに!

巽香/美容エディター・ライター
天然のきれいな色と気持ちのいい香りに、使うのが楽しみになるオイル。ごく少量でも滑らかに伸び広がり、導入としても化粧水後の美容液としても、乾燥を感じたときのポイント使いにも、マルチに使えてとにかく優秀。マッサージに使えば肌がほぐれ、巡りもよくなるのかくすみも晴れて、艶っぽい肌に。

永富千晴/美容ジャーナリスト
「イトリン」が登場したことで、天然成分に対する印象が新しい発展を遂げている。その影響力もすごいこと。そんな中このフェイスオイルは単に良質なオイルということだけではなく、日本の美を再認識する社会派フェイスオイルという役割も。色、オイルの透明感、香り、そして使いやすさ。配合成分へのこだわりなどもナチュラル派も納得のアイテム。

松本千登世/美容エディター・ライター
奥まですーっと届いて、芯からじわじわと巡る印象。安心感と高揚感で満たされる、得も言われぬ香り。あっという間に溶け込んで、肌の一部になるなじみ方。年齢や肌質を問わず、いつでもどこでも使えるマルチぶり。続けるほどに、肌というより、顔の印象が変わる!

望月美穂/大丸松坂屋百貨店 営業本部 MD戦略推進室 部長 化粧品担当
シコンエキス配合のかわいいピンク色に心躍る。浸透力が抜群で、ハリ感と艶に溢れたもっちりとした感触に導くオイル。特に洗顔後にブースターとしてマッサージするように伸ばすのがおすすめ。天然由来成分100%で、絶妙なブレンドと肌への確かな手ごたえをかなえたのはさすが。

山本未奈子/美容家
見た目にも可愛いピンクのオイルが滑らかに伸び広がり、心も肌も幸福感で満たされる。肌に触れた瞬間に巡る処方になっているから、フェイスラインやたるみがスッキリする。ハリ・弾力・滑らかさをもたらし、翌朝の肌がふっくらと生き生きする。保湿力も頼もしい。

2位 THREE
「バランシング SQ オイル R」

加藤さやか/CCCメディアハウス「フィガロジャポン」シニアエディター
国産有機植物の成分で、厳しいコスメビオの認定を取得してリニューアルしたことにまず敬意を表したい。この“睡眠美容オイル”はクレンジングオイルからフルラインで使うことで、さらに心と肌への効果を実感できる。

貴子/松倉クリニック代官山・院長
リラクゼーション効果の高い香りで肌も心も包み込み、深くよく眠れた翌日の輝くような肌に導いてくれるオイル。使い続けると、いそがしくて交感神経が興奮しているときも自分の肌がバランスを取ってくれるようになるので、コンディションの乱れに頭を悩ますことも少なくなる。

藤井優美/美容エディター
とにかく香りに癒される。嫌なことがあった日や肌に自信が持てない日など、香りを深く吸い込みながら肌へ塗布する。すると心の澱(おり)がすっとほどけると同時に眠りに誘われ、翌朝はネガティブなことを感じさせない肌と気持ちに。まさにお守り的な存在のオイル。

山本浩未/ヘア&メイクアップアーティスト
エコ基準を整え、さらなる効果を高めた「SQオイル」。一日の最後を心地よく迎えさせてくれる香り、さらっとなじみよいオイルの質感は肌に吸い込まれるよう。すっきりとしたボトルの見た目もいい。

渡部玲/美容エディター・ライター
これまでオーガニック認証の取得申請をあえて行わなかった「THREE」が節目となる2019年、原点とも言えるライン全6品でコスモスオーガニックを取得した。さらには植物を育む土壌から商品の製造工程まで環境に配慮し、サステナブルを実践していることがポイント。そのラインの中でもこのオイル状美容液は、今熱い視線が注がれている睡眠に着目したところも「THREE」らしさを感じさせてくれた。

3位 ザ パブリック オーガニック
「スーパーディープナイト
ホリスティック精油ピローミスト」

曽田啓子/ビューティービジネスプロデューサー
精油の力で快適な睡眠へとアプローチする“スーパーディープナイト”シリーズからピローミスト5種が登場。睡眠の分析し香り成分の効果測定、精油のブレンドとそれぞれの専門家による共同開発が本格的な取り組み姿勢を物語っている。精油のブレンドを化学的に分析しているので、朝すっきり起きられない、眠りが浅いなど睡眠の悩みケアの効果実感が高い。精油のブレンドも絶妙で香りに癒される。

野毛まゆり/美容愛好家
よい睡眠は美肌の基本。それにはまず寝つきをよくしなくてはならない。脳を休めて、その日あった嫌なことも払拭していい夢を見させてくれそうな香りで大好き!

2019年下半期ベストコスメ一覧
美容のプロ55人が選ぶ全18部門の下半期“名品”を発表!

54人の「WWDビューティ 2019年下半期 ベストコスメ」選定委員 ※順不同、敬称略
【美容ジャーナリスト】海野由利子、加藤智一、倉田真由美、近藤須賀子、斎藤薫、永富千晴、吉田昌佐美 、渡辺佳子 【美容エディター・ライター】安倍佐和子、AYAYA、猪狩幸子、入江信子、宇野ナミコ、大塚真里、小川由紀子、片岡えり、平輝乃、巽香、近内明子、中込久理、藤井優美、松村有希子、松本千登世、渡部玲 【美容家】石井美保、岡本静香、神崎恵、小林ひろ美、深澤亜紀、山本未奈子 【メイクアップアーティスト、ヘア&メイクアップアーティスト】KUBOKI、藤原美智子、MICHIRU、村松朋広、山本浩未 【百貨店化粧品バイヤー】入月雅子/三越伊勢丹 化粧品統括部MD、岡部麻衣/三越伊勢丹 化粧品MD統括部マーチャンダイザー、金川いずみ/阪急うめだ本店ビューティー営業統括部化粧品商品部アシスタントバイヤー、寺本知香/松屋 婦人一部MD課バイヤー、望月美穂/大丸松坂屋百貨店 営業本部 MD戦略推進室 化粧品 部長、吉田薫/東急百貨店 ファッション・雑貨統括部 第二ショップMD部化粧品担当 【メディア】梅田美佐子/宝島社「アンドロージー」編集長、加藤さやか/CCCメディアハウス「フィガロジャポン」シニアエディター、木津由美子/ハースト婦人画報社「ハーパーズ・バザー」編集長代理、桐野安子/光文社「美スト」編集長、高橋絵里子/講談社「ヴォーチェ」編集長、中西陽子/マガジンハウス「アンアン」キャップ、松井朝子/ハースト婦人画報社「エル・オンライン」ビューティデスク・「エル・ジャポン」編集長代理【その他】岡部美代治/ビューティサイエンティスト、SAKURA/モデル・ビューティジャーナリスト、曽田啓子/ビューティービジネスプロデューサー、貴子/松倉クリニック代官山・院長、中嶋マコト/モデル・ビューティジャーナリスト、野毛まゆり/美容愛好家
《選定方法》
2019年7~12月に発売された化粧品(リニューアル発売・新色追加を含む)を対象に、選定委員55人が「スキンケア部門」「ベースメイク部門」「ポイントメイク・目元部門」「ポイントメイク・リップ部門」「ポイントメイク・その他部門」「ヘアケア部門」「ボディーケア部門」「インナーケア部門」「美容機器・ツール部門」「フレグランス部門」「新知見部門」「オーガニック・ナチュラル部門」「プロダクトデザイン部門」「ドラッグストア&バラエティーショップ部門」「ADビジュアル部門」「イベント部門」「ストア部門」「ブランド部門」の計18部門で1~3位を選出。1位を3ポイント、2位を2ポイント、3位を1ポイントで集計し、合計ポイントで順位を決定した。なお、「イベント部門」「ストア部門」は5~9月末までの開催・オープンを対象とした。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら