ビジネス

「無印良品」が百貨店の後継に名乗り 地域活性化をビジネスに

有料会員限定記事

 「無印良品」が店舗の大型化に乗り出している。運営する良品計画は2021年8月期を最終年度にした中期経営計画で、売り場面積1650平方メートル級の大型店を国内では18年度末の4倍にあたる100店に増やす目標を掲げた。主要な出店先は大型ショッピングセンター(SC)だが、閉店が相次ぐ地方・郊外の百貨店やGMS(総合スーパー)の跡地も有力な候補地となりうる。衣食住のアイテムを幅広くそろえる「無印良品」は集客力が高いため、市街地の空洞化に悩む自治体からもにぎわいを作る役割を期待されている。(この記事はWWDジャパン2019年11月11日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2313⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら