ビジネス

「無印良品」が百貨店の後継に名乗り 地域活性化をビジネスに

有料会員限定記事

 「無印良品」が店舗の大型化に乗り出している。運営する良品計画は2021年8月期を最終年度にした中期経営計画で、売り場面積1650平方メートル級の大型店を国内では18年度末の4倍にあたる100店に増やす目標を掲げた。主要な出店先は大型ショッピングセンター(SC)だが、閉店が相次ぐ地方・郊外の百貨店やGMS(総合スーパー)の跡地も有力な候補地となりうる。衣食住のアイテムを幅広くそろえる「無印良品」は集客力が高いため、市街地の空洞化に悩む自治体からもにぎわいを作る役割を期待されている。(この記事はWWDジャパン2019年11月11日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2313⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら