ニュース

日鉄物産4〜9月期はロス改善で増益 「環境整備はまだまだ」

 日鉄物産の2019年4~9月期の繊維事業は、売上高が前期比12.6%減の648億円、経常利益が同27.6%増の21億円と減収増益だった。

 子会社の売却により連結範囲が縮小し、売上高は93億円減少した。一方で、小ロット・短納期の強化によるロス改善などにより、経常利益は4億円増加した。中村英一・取締役専務執行役員は「ロスの改善は現場の頑張りの結果で、環境面まだまだ。サプライチェーンのデジタル化をはじめ、(より効率的な)環境を整えていく」と語った。