ビジネス

楽天1~9月期は出資先の株価下落で最終赤字 国内EC事業は引き続き物流を強化

 楽天の2019年1~9月期(国際会計基準)連結決算は、売上高に相当する売上収益が前年同期比14.6%増の9057億円、営業利益が同15.4%減の1129億円、純損益は141億円の赤字(前年同期は1079億円の黒字)だった。投資先の米シェアライド企業Lyftの株価下落を受け、約1030億円の減損損失を計上したことが大きな要因だ。最終赤字は8年ぶり。

 「楽天市場」をはじめとする国内EC事業は、流通総額が同18.4%増の1兆円、営業利益が同1.5%減の151億円だった。同社が最近注力している分野の1つである物流の費用がかさんだ。三木谷浩史・会長兼社長は「これまでいろいろな形で積極的な投資を行ってきたが、ロイヤリティーの高いユーザー数の増加やマーケットプレイス事業の利益が前年同期比で12%増となることなどにより、収益は良くなってきている。物流に関しては、ネット通販の単なる延長から、日常消費の場へと変わる今、投資が必然かつ重要な分野」とし、引き続き物流網の拡大に努めることをアピールした。

 また、東京ファッションウィークの冠スポンサーへの就任や、ファッションブランドのアイテムを集積した「楽天ブランドアベニュー」の「Rakuten Fashion」へのリニューアルなどをはじめとするファッション分野の強化については新たな情報は明かさなかった。その中で「ファッションの分野は順次拡大している最中。われわれにはデータが大量にあるので、トレンド分性や需要予測のデータをブランドに提供しつつ、楽天ペイや楽天ポイントを用いた店舗への送客も行っていく。また、(11月1日に発足した)有識者会の力をお借りし、鋭意システム向上にも努めていく」と語った。

 なお、通期においては、売上収益について2ケタ成長を目指すとしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら