ファッション

JAL整備士の新ユニホームを日鉄物産とデサントが共同企画 スポーツ衣料の機能性を生かす

 日本航空(JAL)グループの制服のリニューアルに伴い、航空機の誘導やカーゴ業務などを担うグランドハンドリングスタッフと整備士の新しいユニホームを繊維商社の日鉄物産とスポーツメーカーのデサントジャパンが共同で手掛けた。

 JALグループの新ユニホームの基本コンセプトである“SDGsが掲げる持続可能な社会の実現”に沿って、環境に配慮した再生ポリエステルを用いている。またスポーツ衣料のノウハウを取り入れ、機能性に優れた耐久性の強い素材を使用し、全てにストレッチ性能を付加することで、スタイリッシュなシルエットと、軽量かつ動きやすいデザインを実現しているのが特徴だ。

 新ユニホームは、2020年4月から着用が開始される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら