サステナビリティ

“カラフル綿花”を共同開発、日鉄住金物産がインドの大学と染色いらずの新型サステナコットン

 繊維商社の日鉄住金物産はこのほど、インドのパンジャーブ州立農業大学(PUNJAB AGRICULTURAL UNIVERSITY以下、PAU)と共同で発色性の高い綿花の開発をスタートした。同社は東京農工大学の鈴木栄講師の基礎研究に基づき、主要な綿花生産国であるインドで、充実した研究施設と農場を有するPAUと共同研究する。この研究では、赤や黄色などの発色性が高い“色付きの綿花”を開発することで染色の必要のない綿花の実用化を目指す。同プロジェクトでは2024年までに大規模栽培が可能な種子の開発を目指す。

 ジーンズなどコットン製の衣料品は染色工程で大量の水が必要で、国連などから環境への影響が大きいと批判されている。日鉄住金物産は色付きの綿花の開発によって生産工程でもサステイナビリティーを打ち出す考え。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら