ビューティ

「メゾン コーセー」がスタート コンセプトストアとデジタルプラットフォームの融合への挑戦

 コーセーは、消費者との新たな接点作りの一環として開発を進めているコンセプトストアとデジタルプラットフォームを融合させた新しいサービス「メゾン コーセー」をスタートする。新コンセプトストアを12月17日に東京・銀座にオープン。それに先駆けて11月8日にオウンドメディアを立ち上げる。

 「メゾン コーセー」は、これまで一方向に発信していた情報を全方位かつ双方向にして利便性の向上を図るとともに、“Find Your Own Beauty”をテーマに、デジタル技術を活用した美容に関わるさまざまな体験を、同社が展開する全ブランド(一部商品を除く)で楽しむことができる。

 新コンセプトストアでは、同社の全ブランド(一部商品を除く)を試すことができるほか、スキンケアやメイク、ヘアケアに至るまでをブランド横断でカテゴリーごとに配置することで、ブランド軸に捉われないアイテム選びの場を提供する。

 また同ストアでは、同社が2014年に傘下に収めた米国タルトの化粧品ブランド「タルト(TARTE)」を日本で初めて展開することも注目だ。“ハイパフォーマンスナチュラルズ”をコンセプトとしたメイク&スキンケア商品をそろえ、海外のセフォラなどで高い人気を誇る。日本でのスタートは約200アイテムを取り扱う。

 ほか、最新のデジタル機器を配置し、よりパーソナルなニーズに対応したサービスを提供することも特徴。パナソニックが開発中の「スノービューティーミラー」を設置し、例えば鏡の前に座るだけで肌状態を分析して瞬時に数値化する“肌分析機能”や、利用する人の心の中にある“なりたい顔”のイメージを見える化する“理想顔システム”などを搭載した。

 さらに、カシオ計算機と共同開発したネイルプリンターも設置。登録されたネイルデザインの中から、お気に入りのデザインを選んでプリントすることができる機器で、複雑な柄なども短時間できれいに仕上げることができる。

 この共同開発は、ネイルカラー分野におけるパーソナライズ提案を強化するための取り組み。カシオ計算機のプリンティング技術をはじめとしたデジタル技術力と、コーセーが培ってきた効果効能を生み出すモノ作りとを融合させる施策で、今後さらに注目を集めそうだ。

 一方オウンドメディアは、ブランドを横断した商品紹介や取り扱い店舗の検索、美容情報の発信などをできるようにしたメディア。EC機能もあるほか、「メゾン コーセー」でのお客の行動に応じてポイントを付与するプログラムを実施。そのポイントはサンプルとの交換や、ECでの商品購入時に発生する送料や手数料との交換などにも利用できるようにする。今後も、顧客情報の一元化を含むさまざまな検討を進めつつ、新たなサービスを順次導入していく予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら