ファッション

コーセーが銀座にデジタルと体験融合の新コンセプトストア開設

  コーセーは、デジタルと体験を融合したコンセプトストア「メゾン コーセー(MAISON KOSE)」を12月に東京・銀座にオープンする(東京都中央区銀座7-10-1)。同社が手掛ける全ブランドを取りそろえ、ブランド横断でハード・ソフト両面を楽しめる仕様となる。

 同社は顧客接点の創出を目的としたイベント「コーセー ビューティ フェスタ」を2013年から実施。同イベントでは百貨店や専門店、ドラッグストアなどチャネルの垣根を超えた複数ブランドを集め、顧客にさまざまな体験を提供。加えて、顧客の声を同社社員が直接聞いてモノ作りやプロモーションのアイデア発掘につなげていた。今回の「メゾン コーセー」はそれと同様の役割を果たす店舗として開設。“お客さまとのコミュニケーションの場”をテーマに、製品を売るだけでなく顧客との接点を創出し、そこから得た情報や経験をスピーディーに社内へフィードバックする学びの場としての機能も持たせる。
 
 店舗は2フロア構成で、延べ床面積は500平方メートル。「コスメデコルテ(DECORTE)」「雪肌精(SEKKISEI)」など、「アルビオン(ALBION)」を除く全ブランドを扱う。

 なお、2018年11月にフランス・パリに「メゾン コーセー」を開設しており、同店は情報発信基地として位置づけ、カウンセリング販売を主体としながら施術も実施している。「銀座の『メゾン コーセー』も情報発信基地としての役割もあるが、デジタル提案を強化した日本独自の取り組みとなる」(同社広報)と述べる。

 現在、同社は顧客と全方位で直接つながる独自のデジタルプラットフォーム構想を構築中で、「メゾン コーセー」もその一環。次世代の美容体験の可能性を探り、店頭とデジタルでつながる顧客創出に取り組む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら