ファッション

ナイキが渋スクに新コンセプトのデジタルストア 世界2店舗目

 ナイキは、新店舗「ナイキ バイ シブヤ スクランブル(NIKE BY SHIBUYA SCRAMBLE)」を11月1日にオープンする商業施設「渋谷スクランブルスクエア」2階に開く。店舗面積は176平方メートル。同店限定の商品やメンズ、ウィメンズのウエアとシューズをそろえるほか、「ナイキ」のアプリやウェブサイトと連動したサービスを提供する。

 同店はアメリカ・ロサンゼルスの店舗に次いで世界2番目となる新コンセプト“ナイキ ライブ”を採用した。店舗周辺にいるナイキの会員データなどをもとに、商品やサービスを提供する。商品はナイキのEC上のデータや東京の会員情報をもとに、2週間に1度更新。7月にリニューアルオープンした原宿旗艦店と同様に、商品の在庫確認と取り置きや、アイテムのバーコードスキャンによる詳細情報の確認、会員限定の特典取得などが可能だ。

 サービスはシューズのサイズ計測サービス“ナイキ フィット”やチャット機能“ナイキ ストア チャット”を用意する。“ナイキ フィット”では、店舗スタッフが来店者の足をスキャンし、最適なサイズを即時的に提案。会員は提案されたサイズをアプリに登録し、次回以降の商品購入の際に活用できる。“ナイキ ストア チャット”はLINE上で“Nike Store Chat”と送信すると、店舗の営業時間などの基本情報の確認や、スタッフにチャットで質問ができるサービスだ。

 また、店舗に置かれたデジタルサイネージ上のQRコードをスキャンすることで、ナイキの提携ジムや限定イベントなどへの予約を行えるほか、自動販売機型の“アンロック ボックス”を設置。会員は3週間に1度、アプリ内のメンバーパスを使用して無料のギフトを受け取ることができる。

 「東京はわれわれが“キーシティ”と考えている都市の1つ。忙しい通勤客が非常に多い一方で、求められるサービスの水準も非常に高い。平日はコンビニのように便利な場として、そして週末はショッピングの場として、“おもてなし”と利便性を兼ね備えた店舗にしていく。2020年にはオリンピックも控えている。全てのアイデアや体験を導入するつもりだ」。そう語るのは、来日したキャシー・スパークス(Cathy Sparks)=グローバル・ナイキ・ダイレクト・ストア&サービス GMだ。

 キャシーGMはナイキで消費者向けのサービスの考案やコンセプトの開発をリードしている。「当社のデータによると、消費者の80%がオンラインとオフラインを使って買い物をする人々。そういった消費者たちのために、店舗とECの在庫を連携したり、新たな体験が提供できる場を作り、スポーツを紹介したりする。AIやAR(拡張現実)など、いろいろな最新テクノロジーの可能性を模索しつつ、消費者の体験を高められるモノを提供していきたい」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら