フォーカス

開業ラッシュを迎える2019年 注目の新名所が続々

 2019年は、東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、東京を筆頭に全国で商業施設の開業やリニューアルオープンが続く。秋に開業ラッシュを迎える東京・渋谷エリアを始め、日本初上陸の「誠品生活」や「エースホテル(ACE HOTEL)」など話題の新スポットが登場する。そこで、全国の商業施設やホテルなどのオープン情報やリニューアルする施設を月ごとに紹介する。

1月

JR原宿駅前の商業施設
「神宮前6丁目プロジェクト(仮称)」(東京・原宿)

 場所はコーポオリンピア前の旧コクド本社跡地。電通とPR代理店大手のサニーサイドアップが共同で開業、テナントは現時点では発表されていない。

2月

星野リゾートの新ブランド
「BEB 軽井沢」(長野・軽井沢)

 “ルーズなホテル”がテーマの宿泊施設。全73室。35歳以下は通年1室あたり税込1万6000円。

“茶室型”の新カプセルホテル
「ホテル・ゼン・トーキョー(hotel zen tokyo)」(東京・人形町)

 旅館の企画開発・運営を行うホテルスタートアップのSENが展開する。“禅”がテーマ。宿泊料金は6000~1万2000円、全78室。

4月

1棟丸ごと「無印良品」
「MUJIホテル」&世界旗艦店「無印良品 銀座」(東京・銀座)

 4日オープン。「無印良品 銀座」は地下1~地上6階の全7フロア構成となる。「MUJI HOTEL GINZA」は新旗艦店の上層階。全79室。

複合型エンターテインメント施設
「アソビル」(神奈川・横浜)

 日本郵便が所有する横浜中央郵便局別館をリノベーション。地下1階から地上4階と屋上で構成。“遊べる駅近ビル”をコンセプトに体験型コンテンツを用意する。

リニューアルオープン
「セリーヌ(CELINE)」表参道店(東京・表参道)

 メンズ・ウェメンズの両方を展開するコンバインショップにリニューアルする。

リニューアルオープン
「銀座アルマーニタワー」(東京・銀座)

 2018年2月末から1年かけて改装。“カスタマイゼーション”をキーワードにVIPサービスを強化する。

開業以来の大規模改装
「阪急メンズ東京」(東京・銀座)

 2011年10月の開業以来初の大規模な改装。3分の2のフロアに手を入れ、高級ブランドやストリートファッションの品ぞろえを強化する。

商業施設「ラカグ(la kagu)」が業態転換
「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ(AKOMEYA TOKYO in la kagu)」(東京・神楽坂)

 「ラカグ」は19年1月31日に営業終了。客のニーズに応えるべく“和”を提案するアコメヤへ業態転換する。

沖縄初80店、大型モール
「パルコ シティ(PARCO CITY)」(沖縄・浦添)

 パルコと沖縄の小売り大手のサンエーが協業する。沖縄初出店の「ザラ(ZARA)「アトモス(ATMOS)」を筆頭に250店舗が出店。那覇空港から車で10分ほどの好立地にあり、店舗面積は約6万平方メートル。地上6階建て(商業ゾーンは1~3階)。