フォーカス

「東コレに伝えたい」デザイナーたちの本音 連載Vol.4 「東コレに参加したら国外からも反響があった」

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏の「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」が10月14〜19日に開催される。冠スポンサーがアマゾン ファッションから楽天に変わって初めてのファッション・ウイークとなるため、関係者からの注目は高い。しかし結局は、人を呼べるブランドが参加しないとファッション・ウイークは盛り上がらない。そこで、海外で活躍する日本人デザイナーや「RFWT」に参加するブランド、新進気鋭の若手らに「どんな東コレだったら参加したい?」というテーマでアンケートを実施した。「RFWT」開催期間中から10月28日の「WWDジャパン」東京ファッション・ウイーク特集発売の週まで、回答の一部を連載形式で紹介する。今回は海外でのセールスも伸ばしている「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス(CHILDREN OF THE DISCORDANCE)」が登場。

CHILDREN OF THE DISCORDANCE
志鎌英明デザイナー

 ここ3年は海外のセールスに力を入れてきましたが、国内での取り扱いも本格的に広げたいタイミングで東コレに参加してランウエイショーを行いました。結果、国外からも反響があったので継続しています。開催時期を見直してニューヨーク・コレクションのすぐ後に行うなどし、海外で活躍している日本人デザイナーが積極的に参加したくなるような仕組みを作れば東コレも盛り上がるのではないでしょうか。今は日本のファッションのリアルなシーンを東コレで表現しきれていないのが残念です。とはいえ、自分たちは今回も頑張ります!