ファッション

「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス」がビームス六本木ヒルズでポップアップ

 ビームス(BEAMS)は、ファッションブランド「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス(CHILDREN OF THE DISCORDANCE)」のポップアップストアを「ビームス 六本木ヒルズ」で開催する。最新コレクションである2019-20年秋冬コレクションの一部アイテムを販売する。期間は4月12〜21日。

 アイテムは、ビンテージのバンダナを用いたバンダナシリーズをメインに展開。靴修理店「リクチュール」とのコラボシューズ(13万円)も用意する。また13日には、志鎌英明「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス」デザイナーが店頭に立つ予定だ。

 なお「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス」は19-20年秋冬コレクションを、「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」期間中にビームス本社(東京・原宿)のテラスで発表した。

■Children of the Discordance 2019 / 2020 AUTUMN-WINTER SHOW TO PUT THE HEART IN POP-UP SHOP
期間:4月12〜21日
場所:ビームス 六本木ヒルズ
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウェストウォーク2、3階

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら