ビューティ

資生堂が「ドルチェ&ガッバーナ ビューティ」のメイクアップコレクションを本格展開

 資生堂は、イタリア発の「ドルチェ&ガッバーナ ビューティ(DOLCE&GABBANA BEAUTY)」のメイクアップアップコレクション(全241品、1600~2万2500円)を日本で本格展開する。10月9日から伊勢丹新宿本店本館と阪急うめだ本店のポップアップイベントを皮切りに、常設店舗を10月16日大丸札幌店、23日高島屋大阪店、30日伊勢丹新宿本店本館とジェイアール名古屋タカシマヤにオープンする。また、百貨店のECサイトでも販売する。

 メイクアップコレクションは、口紅を中心にチークやアイシャドウ、ネイルといったカラーメイクと、ファンデーションなどのベースメイクをそろえる。常設店舗では、「ドルチェ&ガッバーナ」のブティックを中心に展開する高級フレグランスのベルベットコレクション(全19品、2万9800円~3万9500円)も取り扱い、メイクアップから香りまで含めたトータルビューティを提案する。

 各アイテムのパッケージにはイタリアの伝統からインスピレーションを受け、ブランドのDNAであるモチーフが装飾しているのも特徴の一つ。

 メイクアップアップコレクションのビジュアルには、女優のモニカ・ベルッチ(Monica Bellucci)やモデルのビアンカ・バルティ(Bianca Balti)など、さまざまなライフスタイルや文化、年齢の6人の女性を起用。それぞれの女性の美しさに、そして唯一無二の生き方と魅力を表現している。

 資生堂は2016年10月にイタリアのドルチェ&ガッバーナとフレグランス、メイクアップ、スキンケア商品の開発、生産および販売に関する独占グローバルライセンス契約を結び、これまでフレグランスを中心に展開してきた。日本ではフレグランスを含め、メイクアップコレクションは一部ポップアップで扱っており、その度に人気を集めていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。