ファッション

下着ブランド「スロギー」、“気持ちよスロギー”な期間限定店レポート

 トリンプ・インターナショナル・ジャパンは9月13日、「スロギー(SLOGGI)」のポップアップストアを表参道ヒルズにオープンした。表参道エリアへの出店は初めて。 カラフルでポップな店内には、ブランドを知ってもらうためのさまざまな仕掛けを用意し、認知度アップを図る。オープン前夜のレセプションパーティには、丸山桂里奈ブランドアンバサダーも来店し、接客を行ったり、ファンとの記念撮影に応じたり、賑わいを見せた。店舗は9月23日まで。

 店内には4台のタブレットを設置。昨今、さまざまなノンワイヤーブラが人気を集めているが、「ラクなだけに、自分に合うものが見つからない……」という声も聞かれるため、このタブレットを使い、いくつかの質問に答えると、デジタル診断されてぴったりの「スロギー」が提案される。そのデジタル診断を体験した来店客は「スロギー」商品が当たるガチャガチャにもトライできる。また、累計販売枚数680万枚を突破した人気シリーズ「スロギー ゼロ フィール(SLOGGI ZERO FEEL)」の生地の伸びのやわらかさを全身で体感できるハンモックも設置されている。

 今回のポップアップストアでは、ロンドンを拠点に活躍するイラストレーター、クラーク志織さんとのコラボレーションも実現。「スロギー」のために特別に描き下ろされたポップでユニークな2タイプのプリントのハーフトップ&ショーツが同店限定で販売される(同商品以外は展示・試着のみ)。3600円(税別)以上購入すると、先着でクラーク志織さんによるイラストをプリントしたオリジナルトートバッグのプレゼントも用意されている。

店もオープンし、顧客に直接アプローチ

 中井直スロギー事業本部長は「錚々たるブランドが並ぶ表参道ヒルズの1階にポップアップストアをオープンするのはわれわれにとって挑戦。売り場では伝えきれない世界観が出来上がったので、お客さまにはこのポップでカラフルな世界観を存分に楽しんでもらい、スロギーの認知度を高めていきたい」と語った。河野智美スロギー事業本部プロダクト&マーチャンダイジング部マネージャーも「スロギーらしい空間が出来上がった。この表参道という立地で今までリーチ出来なかった方々にもスロギーの良さを知ってもらいたい」と期待を寄せる。

 今年ブランド誕生40年を迎える欧州生まれの「スロギー」は、6月27日に全ラインが購入できる公式オンラインストアをオープンさせており、9月13日には初のブランド直営店がららぽーと富士見にオープンした。「これまで卸しがほとんどだったが、直接お客さまにアプローチできる接点が増えた」(中井事業本部長)事で、発信力もさらに強まりそうだ。競合商品がひしめく中、一歩先ゆく攻めの戦略に注目が集まる。

■スロギー表参道ポップアップストア
期間:9月13日〜23日
時間:11:00〜20:00
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館1F

川原好恵(かわはらよしえ):ビブレで販売促進、広報、店舗開発などを経て現在フリーランスのエディター・ライター。ランジェリー分野では、海外のランジェリー市場について15年以上定期的に取材を行っており、最新情報をファッション誌や専門誌などに寄稿。ビューティ&ヘルスの分野ではアロマテラピーなどの自然療法やネイルファッションに関する実用書をライターとして数多く担当。日本メディカルハーブ協会認定メディカルハーブコーディネーター、日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー。文化服装学院ファッションマーチャンダイジング科出身

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら