ニュース

「ナイキ」が100種類のスニーカーから選べる子ども向けサブスクサービスを開始

 「ナイキ(NIKE)」は8月12日から米国で子ども向けサブスクリプションサービス(定期便)“ナイキ アドベンチャー クラブ(NIKE ADVENTURE CLUB)”を開始した。

 同サービスは、「ナイキ」または「コンバース(CONVERSE)」のスニーカー約100種類の中から好きなスニーカーを選ぶことができる。選んだスニーカーが届く周期は90日、60日、または30日ごとの3パターンで、料金はそれぞれ月額20ドル(約2120円)、30ドル(約3180円)、50ドル(約5300円)。対象は2~10歳(サイズ4C~7Y)。気に入った靴はそのまま所有できるが、不要になったものは半年に一度のペースで回収してくれる。回収された靴はリサイクルまたは寄付するという。

 ドミニク・ショーテル(Doinique Shortell)=ナイキ アドベンチャー クラブ プロダクトエクスペリエンス&リテンション ディレクターは、子どものためのサービスだけでなく、成長スピードの速い子どもの靴選びに悩む両親のストレスを軽減することも目的としている。また、子どものころからブランドに対するロイヤルティーを高め、将来の顧客を獲得する狙いもあるという。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら