ビジネス

「アンダーアーマー」が2億人超の顧客データを駆使 サブスクリプションに参入

 「アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)」が、スタイリストが選んだアイテムを届けるサブスクリプション(定期便)サービス、アーマーボックス(ARMOURBOX)をスタートした。サブスクリプションサービスの代表格としてIPO(新規上場)を果たしたばかりのスティッチ フィックス(STITCH FIX)やトランク クラブ(Trunk Club)があるが、アクティブウエア市場で同様のサービスに踏み切るのは「アンダーアーマー」が初めて。

 アーマーボックスの登録料は無料。専用のウェブページで性別、サイズをはじめ、好みのスタイル、フィットネスの目標、お気に入りのスポーツなど、ライフスタイルとスポーツに関する簡単な質問への回答と、プロフィールの登録が必要になる。

 オフィシャル・アウトフィッターが、「アンダーアーマー」の全コレクション(ランニング、ゴルフ、バスケットボール、ライフスタイルのアパレル、アクセサリー、シューズなど)の中からユーザーのプロフィールと、アンダーアーマーの自社プラットフォーム、コネクティッド・フィットネス(Connected Fitness)のデータをもとに4〜6アイテム選び、約10日前後で届けられる。つまり、あるユーザーが毎週一定の距離をランニングしている場合、「アンダーアーマー」のコネクティッド・フィットネス上の、同じくらいの距離と頻度を走るユーザーの購入履歴や利用履歴などのデータをもとに、ボックスの中身が決められるという仕組みだ。

 ユーザーはアーマーボックスを受け取る頻度を30日、60日、90日ごとのコースから選べ、どんなアイテムが欲しいかをフィードバックをすることができる。送料と返送料は無料。ボックスの全商品を購入する場合、20%割引きになる。

 ジェイソン・ラローズ(Jason LaRose)=アンダーアーマー北米プレジデントは、「コネクティッド・フィットネスには2億1500万人以上のデータが蓄積されている。フィットネス パル(Fitness Pal)、マップ・マイ・ラン(Map My Run)などのわが社が提供するフィットネスアプリのユーザーは、ワークアウトや食事、その他生活に関する情報を他のユーザーと共有することを求めている。これらのユーザーをこのサービスに誘導するため、良いスタートを切ることができるだろう」と、スティッチ フィックスなどの既存サービスと協業せずに、単独でサブスクリプションサービス市場に参入した理由を語った。

 すでに実施した内部テストでは満足できる結果が出たというアーマーボックスだが、その目標値などは明らかにされていない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。