ファッション

慈善活動には本人も参加!? アンダーアーマー、エイサップ・ロッキーとのコラボを認める

 アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)は、かねてからウワサされていたラッパーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)とのコラボを正式に認めた。コラボアイテムの開発は年内に完了し、その後ベン・プルース(Ben Pruess)同社スポーツファッション部門プレジデントが監修するライフスタイル業態アンダーアーマースポーツウエア(Under Armour Sportswear)から販売されるようだ。

 コラボアイテムに加え、人々がアートや、ファッション、ビューティ、音楽、スポーツを通じてクリエィティビティーを表現できるコミュニティーを設けたりする慈善活動にも取り組む。現時点でボルチモアとロサンゼルス、ニューヨークに設ける予定で、エイサップ・ロッキーはインストラクターとして可能な限りコミュニティーに参加する。

 「コラボパートナー以上のことがしたかった。だが、それには同じマインドを持った誰かが必要。アンダーアーマーのチーム、特に創業者で最高経営責任者(CEO)のケヴィン・プランク(Kevin Plank)とは、同じビジョン、熱意、願いを持っている。内なるクリエイティビティーを表現するための資源が限られたハーレムという環境で生まれ育ち、一番クリエイティブであるべき時に、ストリートで多くの時間を使いすぎてしまった。だが今の自分なら子どもたちがクリエイティビティーを発揮できる安全な場所と環境を提供できる。アンダーアーマーは、子どもたちの生活を改善しながらスポーツウエアに創意工夫を加えるというアイデアに最も情熱を示してくれた会社だった」と説明する。

 アンダーアーマーのトッド・モンテサーノ(Todd Montesano)=グローバルエンターティンメント&パートナーシップ部門シニアプレジデントは「エイサップ・ロッキーは今世界で最も影響力のあるスタイルリーダーの一人。彼のクリエイティブで純粋な意見と、カルチャーやコミュニティーに対する情熱をリスペクトしている。このコラボはわれわれのビジネスに間違いなく大きなインパクトを与え、新たな道を探る機会になるだろう。このコラボを、恵まれないコミュニティー、特にアメリカのユースに還元することを最優先と考えている」と語る。

 なお、コラボの詳細についてアンダーアーマーおよびプルース同社スポーツウエア部門プレジデント、エイサップ・ロッキーからコメントは得られていない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

東コレはもっとアツくなれ! 2022 S/S TOKYO COLLECTION詳報

「WWDJAPAN」9月13日号は、2022年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、東コレ)」特集です。今シーズンは、通常より1カ月半前倒しての開催で、48ブランドが参加し、20ブランドがリアルショーを実施しました。冠スポンサーの楽天による日本発ブランド支援プロジェクト「バイアール(by R)」で13年ぶりに東京に復帰した「ホワ…

詳細/購入はこちら