ファッション

「クリストフル」が「ネンド」とコラボ、桜モチーフの繊細なデザイン

 シルバーウエアで知られるフランスの「クリストフル(CHRISTOFLE)」は9月21日、佐藤オオキ率いるデザインオフィス「ネンド(NENDO)」とコラボレーションした新作“コンステレーション(CONSTELLATION)”を発売した。桜色、うぐいす色、藍色とシルバーを合わせた色彩が印象的なコレクションは、「クリストフル」ならではのクラフツマンシップと日本の伝統を融合したもので、「ネンド」が得意とする繊細さや美しさが生かされている。桜の花びらをつないだようなデザインは、満開の桜の枝を表現したもの。また、複数の点を線でつないだデザインは星座をイメージ。人と人とがつながっていくようにという想いを込め、星座(コンステレーション)と名付けた。

 漆を12層にも塗ったラウンドトレイ(5万1000円)やスクエアトレイ(4万6000円)、ボックス(Sが2万5500円、Mが3万2000円)、ティーボックス(5万1000円)、吹きガラスのベース(Mが4万4500円、Lが7万1500円)、フォトフレーム(3万5000~5万6000円)などギフトにピッタリな13アイテムが並ぶ。

 9月1日にジャパンのトップに就任したフレデリク・シェダ(Frederic Gedda)社長は「フェミニンで上品なデザインは、これまでの『クリストフル』に少なかった要素。日本ならではの色合いも新鮮だ。『クリストフル』はカトラリーのイメージが強く、インテリアはこれからだ。しかしここ2、3年でアイテムも増えている。今後はライフスタイルブランドとして訴求していきたい」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。