ファッション

「クリストフル」が「ネンド」とコラボ、桜モチーフの繊細なデザイン

 シルバーウエアで知られるフランスの「クリストフル(CHRISTOFLE)」は9月21日、佐藤オオキ率いるデザインオフィス「ネンド(NENDO)」とコラボレーションした新作“コンステレーション(CONSTELLATION)”を発売した。桜色、うぐいす色、藍色とシルバーを合わせた色彩が印象的なコレクションは、「クリストフル」ならではのクラフツマンシップと日本の伝統を融合したもので、「ネンド」が得意とする繊細さや美しさが生かされている。桜の花びらをつないだようなデザインは、満開の桜の枝を表現したもの。また、複数の点を線でつないだデザインは星座をイメージ。人と人とがつながっていくようにという想いを込め、星座(コンステレーション)と名付けた。

 漆を12層にも塗ったラウンドトレイ(5万1000円)やスクエアトレイ(4万6000円)、ボックス(Sが2万5500円、Mが3万2000円)、ティーボックス(5万1000円)、吹きガラスのベース(Mが4万4500円、Lが7万1500円)、フォトフレーム(3万5000~5万6000円)などギフトにピッタリな13アイテムが並ぶ。

 9月1日にジャパンのトップに就任したフレデリク・シェダ(Frederic Gedda)社長は「フェミニンで上品なデザインは、これまでの『クリストフル』に少なかった要素。日本ならではの色合いも新鮮だ。『クリストフル』はカトラリーのイメージが強く、インテリアはこれからだ。しかしここ2、3年でアイテムも増えている。今後はライフスタイルブランドとして訴求していきたい」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら