ファッション

シルバーウェアの名門「クリストフル」青山本店が15年振りにリニューアル

 フランス発、シルバーウェア「クリストフル(CHRISTOFLE)」の青山本店が9月3日、改装オープンした。約53平方メートルの同店のリニューアルは15年ぶり。「プレシャス・モーメント(貴重な時)」をテーマに、「クリストフル」の象徴であるヘキサゴン(六角形)をキーモチーフにLEDディスプレイを使用した店舗は近未来的な印象だ。“見て”“触れて”とインタラクティブな要素でブランドの世界観をアピール。9月16日にグランドオープンし、新しいアンバサダーが就任する。

 同ブランドは1830年フランスで創業。シルバーウェアの名門として伝統を継承しつつ、マルセル・ワンダースや故アンドレ・プットマンなど、多くのプロダクト・デザイナーらとコラボレーションで常に新しいクリエイションを生み出している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら