ニュース

ティファニーがインド市場に参入 地元リライアンス・ブランズと合弁でデリーやムンバイに出店

 ティファニー(TIFFANY & CO.)は、インドのリライアンス・ブランズ(RELIANCE BRANDS)と合弁でインド市場に参入する。リライアンス・ブランズはインド最大のファッション小売リ企業で、「バーバリー(BURBERRY)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI 以下、アルマーニ)」をはじめとするアルマーニ社のブランド、「無印良品(MUJI)」などの販売を手掛けている。「ティファニー」は今年末にニューデリーに旗艦店を、2020年にはムンバイに出店を予定している。インドでは中産階級の増加と若い消費者のブランドへの関心が高まっているだけでなく、年間2000万人の旅行客も対象に小売市場の拡大が予測されている。

 ティファニーのフィリップ・ガルティエ(Philippe Galtie)=インターナショナル セールス部門エグゼクティブ・バイス・プレジデントは、「ラグジュアリー市場が拡大しているインド市場への参入はグローバル戦略の一つで、現地のラグジュアリー小売りのリーダーであるリライアンス・ブランズと市場開拓を積極的に進める」と述べた。リライアンス・ブランズのダーシャン・メタ(Darshan Mehta)社長兼最高経営責任者は「インド市場において、『ティファニー』はどのようなブランドか紹介するまでもない。すばらしいジュエリーと最上級のダイヤモンドを販売するのを楽しみにしている」とコメントした。

 「ティファニー」は25カ国で320店舗以上を展開しており、14カ国ではECサイトも運営している。アジア市場、特に中国市場を強化しており、9月23日から上海でブランド初の大規模な展覧会「ヴィジョン & ヴァーチュオシティー(VISION & VIRTUOSITY、先見と技巧)」を開催する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら