ニュース

東京オリパラのスタッフ&ボランティアのユニホームが発表 アシックスが全7型11種を制作

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が7月19日、フィールドキャスト(大会スタッフ)およびシティキャスト(都市ボランティアスタッフ)のユニホームを発表した。大会期間中はフィールドキャストが8万人、シティキャストが3万人の計11万人以上が着用予定で、トップスからパンツ、シューズに至るまで全7型11種すべてのアイテムをアシックス(ASICS)がデザイン・制作した。

 両ユニホームともさまざまな年代、性別、国籍のスタッフが着用できるようにと、「暑さ対策・持続可能性・多様性」の3つの視点から制作された。フィールドキャスト用トップスは、見た目にも涼しい藍色のグラデーションの上に大会ロゴが重なったもので、シティキャスト用トップスは大会ロゴの市松模様を大胆に配したデザインに。どちらのトップスも再生ポリエステル材や植物由来材を多く使用しながら吸汗速乾性と通気性に優れた素材を採用し、シルエットはユニセックス仕様で動きやすさにもこだわった。また、衣服内に空気の循環を生むため、裾の両サイドにスリットが入っている。

 フード付きパッカブルジャケットはそれぞれ、トップスと同様のデザインを採用。パンツは両ユニホーム共通のもので、腰の部分をメッシュ地にすることで蒸れを軽減し、さまざまな天候や環境に対応するため膝から下がジップで着脱可能になっていることが最大の特徴。シューズも共通で、中敷と厚底に通気口を設け、長時間の着用でも疲労を感じにくいようクッション性や安定性を求めた今大会専用の新モデルだ。

 同日発表会が行われ、佐藤広2020組織委員会副事務総長や多羅尾光睦・東京都副知事、ファッションジャーナリストでユニホーム選考委員会座長の生駒芳子、スペシャルサポーターも務めるユニホーム選考委員会委員の香取慎吾らが登壇した。佐藤副事務総長は「(ユニホームが)11万人を超えるキャストの活動を快適なアイテムとして支え、それぞれが輝き大会の機運を盛り上げてほしい」と意気込み、多羅尾副知事は「フィールドキャストはアスリートと並ぶ主役、シティキャストは開催都市の顔」と大会にはキャストが必要不可欠な存在であると力強く説いた。

 続けて生駒座長は「去年の11月から選考を重ね、東京らしく大会ロゴとも親和性が高いユニホームになった」と話し、香取慎吾は「初めて選考委員という仕事を経験したが、まさか着用して登壇するとは思わなかった」と会場の笑いを誘いながらも「1度決まりかけたものが1人の意見で白紙になったり、選考は白熱し難航した。キャストの方々のことを思い製作したユニホームなので、皆さんのおかげで2020が盛り上がってほしい」と期待をあらわにした。

 なお、2020年東京五輪は20年7月24日から8月9日まで、東京パラリンピックは同年8月25日から9月6日まで開催される。