ファッション

東京五輪スタッフのユニホームデザイン選考が開始 選考委員には香取慎吾ら

 東京オリンピック・パラリンピック「大会スタッフ・都市ボランティアのユニホームデザイン選考委員会」は、ユニホームデザインの選考を開始した。12月上旬までに30のデザイン候補を6案に絞り、2019年3月中旬までに実物サンプルをもとに最終デザインを決定する。ユニホームは通気性のよさ、誰でも着用できる素材とシルエット、サステイナビリティーという3つをコンセプトにしている。競技場や選手村などを運営する大会スタッフ用と空港や駅などで活動する都市ボランティア用の2種類を用意する。

 選考委員には、パラリンピックのスペシャルサポーターを務めるタレントの香取慎吾、元プロテニスプレーヤーの杉山愛、車いすアスリートの土田和歌子選手、ファッションデザイナーのコシノヒロコ、ファッションジャーナリストの生駒芳子、スタイリストの原由美子らが選出されている。ボランティア11人を合わせた計25人で構成される。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら