ファッション

東京五輪スタッフのユニホームデザイン選考が開始 選考委員には香取慎吾ら

 東京オリンピック・パラリンピック「大会スタッフ・都市ボランティアのユニホームデザイン選考委員会」は、ユニホームデザインの選考を開始した。12月上旬までに30のデザイン候補を6案に絞り、2019年3月中旬までに実物サンプルをもとに最終デザインを決定する。ユニホームは通気性のよさ、誰でも着用できる素材とシルエット、サステイナビリティーという3つをコンセプトにしている。競技場や選手村などを運営する大会スタッフ用と空港や駅などで活動する都市ボランティア用の2種類を用意する。

 選考委員には、パラリンピックのスペシャルサポーターを務めるタレントの香取慎吾、元プロテニスプレーヤーの杉山愛、車いすアスリートの土田和歌子選手、ファッションデザイナーのコシノヒロコ、ファッションジャーナリストの生駒芳子、スタイリストの原由美子らが選出されている。ボランティア11人を合わせた計25人で構成される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。