ファッション

「バレンシアガ」が2019年冬キャンペーンビジュアル公開 パリを舞台に実在の恋人たちを起用

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」はこのほど、2019年冬キャンペーンビジュアルとビデオを発表した。今回制作を手掛けたのはウエディングフォトグラフィーで知られるのグレッグ・フィンク(Greg Finck)と21世紀の人間関係をテーマにしたマルチメディアアーティストのエド・フォーニレス(Ed Fornieles)。

 同コレクションは、人々が日常生活を送る都市でありながらノスタルジックでフィクションに根ざした場所としてのフランス・パリの二面性に着想を得た。エレガントと機能性を兼ね備える印象的なシルエットは今日における“生きる喜び”を訴えかける。

 キャンペーンビジュアルとビデオではロマンチックなパリの街を背景にバレンシアガの衣装に身を包んだ実際の恋人たちが互いに心奪われる瞬間や情熱的なキスなど、絵に描いたような光景をフィンクとフォーニレスが捉えている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら