ビジネス

「楽天市場」「ラクマ」で偽物対策 講談社が楽天とタッグ

 講談社と楽天は、ネット通販モール「楽天市場」とフリマアプリ「ラクマ」において模倣品対策で協力するための覚書を締結した。講談社は「楽天市場」と「ラクマ」の商品ページで同社の模倣品を確認した際、鑑定書と共に楽天に対して出品削除の要請が可能になる。楽天はこれに対し、出店者の「楽天市場」出店契約違反や利用者の「ラクマ」利用規約違反の有無を判断。違反とみなした場合は出品停止や利用停止などの措置を取る。そのほか、必要に応じて知的財産権の侵害行為に対する措置に関し協議、情報交換を行うという。

 近年はフリマアプリやオークションサイトの普及により個人が模倣品を出品する事例が急増。講談社はこれまで販売者に個別に警告書を送付し、販売中止を求める活動を行ってきたという。同社はこの覚書締結を機に、楽天と共同して著作者と正規品購入者の利益を守るため、正規品流通の促進、模倣品根絶を目指すと発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら