ビジネス

アメアパ創業者による「ロサンゼルスアパレル」の日本法人がベイクルーズと協業

 「アメリカン アパレル(AMERICAN APPAREL)」の創業者ダウ・チャーニー(Dov Charney)が立ち上げたブランド「ロサンゼルス アパレル(LOS ANGELES APPAREL)」は3月、日本法人となるロサンゼルス アパレル ジャパンを設立し、同社は現在ベイクルーズと協業している。

 協業ではジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)のメンズとジャーナルスタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relume)の全店舗で商品を販売しており、売れ行きは順調で今後はロサンゼルス アパレル ジャパンの公式オンラインストアおよび実店舗での展開を予定する。

 「ロサンゼルス アパレル」は、ダウ・チャーニーが「アメリカン アパレル」を去った後に設立したブランドで、17年に米国でOEMおよび自社サイトを通じたEC業務を開始した。

 前身となる「アメリカン アパレル」は15年に経営破たんし、翌年日本から完全撤退したが、新体制のもと18年から日本法人のギルダンブランズ・ジャパンが法人向けの卸売りを再開している。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら