ファッション

楽天「ラクマ」、フリマアプリ新戦略 「ラグタグ」などリユース企業130社を引き入れる

 楽天グループは4月5日から、フリマアプリ「楽天ラクマ」をリニューアルし、「ラグタグ」「ブランディア」などのファッションのリユース有力企業130社や並行輸入事業者、農産物の産直業者が参加する「ラクマ公式ショップ」をスタートする。有力なリユース企業の参加により、楽天は個人間取引が中心だった「ラクマ」を、2次流通全体をカバーする「サーキュレーション市場のためのプラットフォーム」と再定義し、王者メルカリを追撃する。松村亮・楽天グループ上級執行役員は、「2016年からラクマ事業に関わってきたが、ずっとメルカリと比べられてきた。それは当社のサービスに差異がなかったことの裏返しでもある。今後は2次流通市場全体を活性化し、大きくするという戦略に舵を切り、独自性を追求していく」という。

 楽天は「ラクマ」の流通額を公表していないものの、2021年にダウンロード数が3000万を突破していた。楽天は16年9月に、「メルカリ」に先行する形でフリマアプリを展開していた「フリル」のファブリックを買収。18年に統合していた。当時から同事業の指揮を取ってきたのが、現在「楽天ファッション」を率いる松村亮・上級執行役員だった。「フリマも含むリユース市場は成長を続けており、全体で市場規模は3兆円近くあると言われているが、実は半分以上がBtoCを占める。フリマは10〜30代が多く、一方BtoC市場は30代以上が多い。これらを2次流通市場と改めて定義し、一つのプラットフォーム内で運営することで、市場が活性化する」と指摘する。

 「ラクマ公式ショップ」に参加する企業の一つで、「ラグタグ」業態でアパレルのリユース市場を長く牽引してきたティンパンアレイの桜庭邦洋ECグループゼネラルマネージャーは「すでに『ラグタグ』は数多くのECモールに出店してきたが、既存の顧客の多くは30〜40代の男女。『ラクマ』は10〜30代の若年層に強く、相乗効果が高いと感じた。コロナ禍を経て、リアル店舗だけでなく、ECで購入する顧客も増えている」という。同じく「ラクマ公式ショップ」に参加する「ブランディア」を運営するデファクトスタンダードの植松勇人・取締役は「当社のユーザーも30〜50代の女性が多く、新しい顧客の開拓に魅力がある。試験販売では、想定以上に当社の強みであるハイブランドの動きがよく、手応えを感じている」という。

 フリマアプリでは、王者メルカリが自社の事業基盤を生かし、ECショップの開設サービス「メルカリshops」をスタートさせるなど、従来の垣根を超えた競争が激しくなっている。楽天の松村上級執行役員は、「リユース企業には、真贋判定や品質管理などの面で、フリマアプリの課題だった『安心・安全』を提供できる強みがある」という。楽天の強みであるポイントを軸に、「楽天市場」「楽天ファッション」などのユーザーを行き来させるクロスセルで、2次流通の新たなプラットフォームを確立させる考え。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。