ビジネス

「OMO実現のカギはポイント」、ポイント大国ニッポンの立役者・楽天笠原氏が仕掛ける「ビッグデータ需要予測革命」

有料会員限定記事

 楽天やヤフー、アマゾンなどIT大手がデジタルのノウハウをリアルに注入する、マーケティング戦略“OMO(Online Merges with Offline)”を本格的にスタートしている。実はその大本命の一つと言えるのが、会員数1億IDを誇る楽天が仕掛ける「楽天ポイント」だ。数年前から楽天の通販モール「楽天市場」を飛び出し、リアル店舗との連携に本腰を入れており、今年からは「楽天ファッション」と連携して、日本のファッション小売り店舗への導入を本格的にスタートした。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)で「Tポイント」を立ち上げ、ワールドを経て、現在は楽天の常務執行役員として「楽天ポイント」普及の指揮を執る笠原和彦氏は、“ポイント大国ニッポン”の最重要ポインターの一人だ。OMOの今後を直撃した。(この記事はWWDジャパン2020年12月7日号からの抜粋です)

WWD:なぜいまポイントなのか?

笠原和彦常務執行役員(以下、笠原):そもそもの前提として、楽天ポイントとは何かを説明する必要がある。ざっと説明すると、累計発行数は2兆ポイント(2020年9月13日時点)で、直近の年間の発行数は3200億ポイント(19年12月期)になる。楽天ポイントは1ポイントが1円分の利用価値があるため、ポイント利用率が90%以上ということも特徴で、世界的にも類を見ないポイント大国の日本でも、圧倒的に存在感の大きい“ポイント”と言える。ただ、“楽天ポイント”の本質的な価値は、楽天IDとひも付いていることだ。

WWD:というと?

笠原:楽天ID(楽天会員)は、ユーザー個人の属性と何を・いつ・どこで・いくらで購入したか、という購買データとひも付いており、マーケティングデータベースとしての価値は途方もなく高い。楽天ポイントは、この楽天IDとひも付いている。

この続きを読むには…
残り2443⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら