ファッション

「ファッションは農業から始まる」を再考してみた

有料会員限定記事

 「ファッションビジネスは農業の一部だ」。そんな言葉を最近よく耳にする。近い未来の製造業の在り方を話しているとリーダーたちの思考がこの考えにたどり着いているのだなと気が付くことが多い。昨日会った、とある大手アパレルメーカーのトップからもこの言葉が飛び出して正直驚いた。(この記事はWWDジャパン2020年12月7日号からの抜粋です)

 言うまでもなくファッション、ビューティの製品を作り出す仕事は製造業であり、販売するのは小売業だ。農業ではない。だが、製品の素材に目を向ければコットンや麻は畑から収穫し、ウールは牧場からやってくる。シルクもレザーも然りだ。それなのに食品の製造・販売の現場のようにその素材がどこの畑から来て誰の手によって作られているかと言うことに思いをはせる瞬間はファッションにおいてはほとんどない。私自身、今着ているこのセーターの羊毛がどこの牧場から来ているかは皆目見当もつかない。メーカーや商社の素材調達担当者は仕入れの際に意識しているのかもしれないが、その情報が長いサプライチェーンの中で川下まで伝達されているとは言い難い。

 これまでもファッション・ビューティの世界では素材や生地の品質や機能は熱心に語られてきた。しかしそれは工業製品としての質や機能であり、いわばデジタルデバイスの機能を語るのと変わらない。農業と実は深くつながっているファッション・ビューティの仕事に携わる人たちがこれから先、消費者にもっと伝えるべきことは工業製品としてだけではなく、農業的視点での製品の魅力ではないだろうか。素材の作り手が誰であるかその人たちがどんな理念を持って生産に携わっているのかなども然りだ。

この続きを読むには…
残り1133⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら