ニュース

「ラクマ」が出品前の片付けや取引の手間を解消するサービス開始 

 楽天はフリマアプリ「ラクマ」で、ベアーズ(東京都、髙橋健志・社長)が提供する家事代行サービス「ベアーズ」とSpice(東京都、徳泉成夏・社長)の出品代行サービス「トリクル」と連携し、片付けおよび出品を代行するサービスの受け付けを29日から開始した。

 同社は、「ラクマ」ユーザーに対してフリマアプリに関する意識調査を実施。フリマアプリを使用するにあたって大変だと感じている点について、37.3%が「梱包・発送をすること」、35.5%が「片付け・ 出品作業をすること」、15%が「取引中にコメントのやり取りをすること」と回答。結果を受け、出品前の片付けや出品・取引の手間を解消するために、家の片付けと出品を一括で代行する。

 新サービス「【ベアーズ×ラクマ×トリクル】楽ラクお助け隊」ではまず、「ベアーズ」の家事代行スタッフが自宅に出向いて、要望に応じた片付けをする。片付けで出てきた不用品を出品代行「トリクル」が「ラクマ」に出品するというもの。東京23区内限定で、春の引っ越しシーズンに合わせて2月10日〜5月31日に実施する。料金は1万7900円(3時間、スタッフ2名)とスタッフ交通費1800円(税込)に、「トリクル」への出品代行手数料として売り上げの30%と、購入者への送料が加算される。