ビジネス

楽天18年1~6月期は増収増益 独自経済圏の“超”拡大目指す

 楽天の2018年1~6月期(国際会計基準)は、売上高に相当する売上収益が前年同期比16.4%増の5121億円、営業利益が同30.7%増の896億円、純利益が同60%増の645億円だった。ライドシェア(相乗り)サービスへの投資などによるインターネットサービス事業の大幅な増益や「楽天カード」や決済サービス「楽天ペイ」などのフィンテック事業が引き続き堅調だったことが貢献した。

 国内EC事業は「ラクマ」をはじめとするCtoC事業や独自の配送サービス「ワンデリバリー」実現のための投資で営業利益は同19.1%減だった。今後は大阪・枚方や千葉・流山に物流拠点を置き、商品の保管から配送までを一元的に行う「ワンデリバリー」や「楽天ペイ」の「楽天市場」全出店社への導入を進める。会見に登場した穂坂雅之・副社長は「現在約4兆円ある楽天のメンバーシップバリューを近い将来10兆円にする。楽天エコシステムの超拡大を目指す」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。