ビジネス

楽天、国内EC流通総額が3兆4000億円 17年12月期

 楽天の2017年12月期連結業績(国際会計基準)は、売上高に相当する売上収益が前期比20.8%増の9444億円、営業利益が同90.2%増の1493億円、純利益が同187.8%増の1105億円だった。クレジットカードなどの金融部門が全体をけん引した。「楽天カード」の会員数は1500万人を突破し、カードによるショッピング取扱高は前期比2割増の約6兆1000億円に拡大している。

 グローバル流通総額は同21.9%増の約12兆9000億円。事業ごとの内訳は明らかにしていないが、楽天市場、トラベル、ブックス、チケット、ブランドアベニュー、ラクマ、フリルなどを合計した国内EC流通総額は13.6%増の約3兆4000億円だった。13日に会見した三木谷浩史・社長は「(目標にしてきた)4兆円が見えてきた」と語った。ただ、国内ECは販管費がかさんだため減益に終わった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら