ファッション

「イザベル マラン」が初のメンズライン 日本では表参道店のみで発売

 「イザベル マラン(ISABEL MARANT)」は、2018年春夏コレクションでメンズ・コレクションをスタートする。日本では「イザベル マラン」表参道のみで、3月9日から販売する。パリコレで発表したニット(8万1000円〜)やジャケット(8万円〜)、タンクトップ(2万円)などを用意する。

 ファースト・コレクションは、“COLORBLOCK SPORTSWEAR”“HAWAIIAN PRINTS”“EVENING”という3つのテーマから構成され、ウィメンズ・コレクションの世界観を踏襲した。

 「イザベルマラン」は1994年にブランドを創立し、ボヘミアンなパリジェンヌ・スタイルが特徴のブランドとして知られている。2013年の「H&M」とのコラボでは、メンズウエアを制作したこともあった。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。