ファッション

「ディオール オム」2018年春夏コレを象徴するスニーカー“B22”が登場

 「ディオール オム(DIOR HOMME)」は、2018年春夏コレクションに登場したスニーカー“B22”(12万円)を「ディオール オム」店舗で販売している。色はブラックとホワイト、レッド × 蛍光イエローの3種。サイズは38~44(フランス表記)を用意する。

 同スニーカーは広めのラバーソールを採用し、アッパーはスムースレザーとメッシュ素材を組み合わせ、サイドにはブランドのロゴを配置した。

 また、「ディオール オム」2018-19年秋冬パリ・メンズ・コレクションの会場を訪れたモデルのベラ・ハディッド(Bella Hadid)や、ラッパーのフューチャー(Future)、映画監督のチャーリー・プラマー(Charlie Plummer)などが同スニーカーを着用していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら