ファッション

「ディオール オム」2018年春夏コレを象徴するスニーカー“B22”が登場

 「ディオール オム(DIOR HOMME)」は、2018年春夏コレクションに登場したスニーカー“B22”(12万円)を「ディオール オム」店舗で販売している。色はブラックとホワイト、レッド × 蛍光イエローの3種。サイズは38~44(フランス表記)を用意する。

 同スニーカーは広めのラバーソールを採用し、アッパーはスムースレザーとメッシュ素材を組み合わせ、サイドにはブランドのロゴを配置した。

 また、「ディオール オム」2018-19年秋冬パリ・メンズ・コレクションの会場を訪れたモデルのベラ・ハディッド(Bella Hadid)や、ラッパーのフューチャー(Future)、映画監督のチャーリー・プラマー(Charlie Plummer)などが同スニーカーを着用していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。