ファッション

BMXを華麗に乗りこなす、「ディオール オム」定番スニーカーの最新作が登場

 「ディオール オム(DIOR HOMME)」は、定番モデルのスニーカー“B01”の最新作を発売する。アドルフ&ルドルフ・ダスラー兄弟(Adolf & Rudolf Dassler brothers)が1936年に製作した、ジェシー・オーエンス(Jesse Owens)のオリンピック用シューズがインスピレーション源と言われている。スエード素材や蜂の刺しゅうなどの装飾を施しつつ、イタリア製の超軽量ラバー混素材のソールを取り入れビンテージな印象とスポーティーさをハイブリッドした。

 12月7〜9日にドバイで開催されたストリートイベント「Sole DXB」では、同スニーカーを履いたライダーがフランスの自転車メーカー・ボガード(BOGARDE)社とのコラボBMXを乗り回すパフォーマンスを披露し、限定50足が先行販売された。一般販売は2018年1月から、全世界の「ディオール オム」直営店で行われる。ネイビー、ブラック、レッド、ホワイトの4色展開で、価格は8万円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。