ファッション

BMXを華麗に乗りこなす、「ディオール オム」定番スニーカーの最新作が登場

 「ディオール オム(DIOR HOMME)」は、定番モデルのスニーカー“B01”の最新作を発売する。アドルフ&ルドルフ・ダスラー兄弟(Adolf & Rudolf Dassler brothers)が1936年に製作した、ジェシー・オーエンス(Jesse Owens)のオリンピック用シューズがインスピレーション源と言われている。スエード素材や蜂の刺しゅうなどの装飾を施しつつ、イタリア製の超軽量ラバー混素材のソールを取り入れビンテージな印象とスポーティーさをハイブリッドした。

 12月7〜9日にドバイで開催されたストリートイベント「Sole DXB」では、同スニーカーを履いたライダーがフランスの自転車メーカー・ボガード(BOGARDE)社とのコラボBMXを乗り回すパフォーマンスを披露し、限定50足が先行販売された。一般販売は2018年1月から、全世界の「ディオール オム」直営店で行われる。ネイビー、ブラック、レッド、ホワイトの4色展開で、価格は8万円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら