ファッション

「ファクトタム」代官山の直営店が12年の歴史に幕 渋谷・原宿エリア移転へ

 メンズブランド「ファクトタム(FACTOTUM)」は東京・代官山の直営店を12日に閉店した。近日中に渋谷・原宿エリアへの移転を目指す。同店は2006年のオープン以降12年間にわたって営業を続けてきたものの、近年の代官山エリアはオープン時に比べてメンズのショップが減り、客足も減少傾向にあった。そこでブランドのコアターゲットである20〜30代男性が代官山よりも集まる地域、そしてインバウンド(訪日客)の売り上げを伸ばせる場所として渋谷・原宿近辺のエリアに移転先を絞り、昨年資本提携を結んだTOKYO BASEとともに物件の最終交渉を行っている段階だという。

 広報は「“大人化”していく代官山よりも、最近盛り上がっている渋谷・原宿エリアの方が現在の『ファクトタム』のクリエイションと相性がいい。移転は挑戦だが、今の自分たちに合った場所で多くの若い人に見てもらいたい」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら