ファッション

「ファクトタム」代官山の直営店が12年の歴史に幕 渋谷・原宿エリア移転へ

 メンズブランド「ファクトタム(FACTOTUM)」は東京・代官山の直営店を12日に閉店した。近日中に渋谷・原宿エリアへの移転を目指す。同店は2006年のオープン以降12年間にわたって営業を続けてきたものの、近年の代官山エリアはオープン時に比べてメンズのショップが減り、客足も減少傾向にあった。そこでブランドのコアターゲットである20〜30代男性が代官山よりも集まる地域、そしてインバウンド(訪日客)の売り上げを伸ばせる場所として渋谷・原宿近辺のエリアに移転先を絞り、昨年資本提携を結んだTOKYO BASEとともに物件の最終交渉を行っている段階だという。

 広報は「“大人化”していく代官山よりも、最近盛り上がっている渋谷・原宿エリアの方が現在の『ファクトタム』のクリエイションと相性がいい。移転は挑戦だが、今の自分たちに合った場所で多くの若い人に見てもらいたい」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら